人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近のIT上場会社のIPO時のストックオプション発行比率について調べております。
いったい上場する際には従業員にどのくらいの率のストックオプションを発行することが普通なのでしょうか?またはこの比率を超えたら異常といった指標はありますでしょうか。
定量的な公表データがありましたらぜひ教えてください。

●質問者: yuzuru24
●カテゴリ:ビジネス・経営 経済・金融・保険
✍キーワード:IPO ストックオプション データ 上場 会社
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● gsd
●25ポイント

http://www.mof.go.jp/singikai/henkaku/tosin/hk006c10.htm

III-調査8

ここの表26-?はどうでしょうか。

◎質問者からの返答

なるほど。最近のIT系の企業の実態はどのくらいなんでしょうね。。。こちらよりもずっとストックオプションの比率が高いような気がしますが。。


2 ● tseiki
●25ポイント

http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/stockoption3.htm

ストック・オプション制度日本場合

2001年の商法改正で、ストックオプションの発行制限は撤廃されましたが、一応それまでの「発行済み株式総数の10%」が一つの目処となっているようです。最近公開して、株価が半値以下に下がった某バイオ企業は、ストックオプションの割合が4割近くあり、下落の原因の一つとも言われています。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ