人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

オウム真理教の浅原彰晃についての質問です。昔、彼についてこう友人が話していました。「オウムを信じるっていうか、浅原を信じるってことがアホだよな。奴ら浅原が宙に浮いているのを見て、マジでそれに信用したらしいぜ。馬鹿だよなー」
しかし、今日関係のない「斎藤孝・呼吸入門」を読んでいたら、どうも浅原、マジ浮いてたらしいです。一瞬ですが、浮いてたらしいです。整体師の片山洋次郎という人が「オウムと身体」という本で、空中浮遊というのは呼吸の限界まで止める「クンバカ」と身体の部分部分を締め付ける組み合わせから引き起こされると指摘しているそうです(前述、呼吸入門より)。
これってどういうことなのですか?浅原の空中浮遊の画像が見れるサイトと空中浮遊についての(浅原以外も含む)詳しい情報・見解を教えてください。

●質問者: jyantadesu
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:オウム オウム真理教 クンバカ サイト マジで
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● mizunouenohana
●15ポイント

http://yon-q.hp.infoseek.co.jp/gym-club/fuyu/fuyu.html

第1回 チキチキ空中浮遊大会!!

これとか

http://images.search.yahoo.co.jp/bin/search?p=%B6%F5%C3%E6%C9%E2...

これと

http://f17.aaa.livedoor.jp/~vxar/shoukai4.html

気功書籍紹介-中国の気功の本

ここに出ている麻原彰晃とをどう比べるかということだと思いますが。

というかこの写真「浮遊」というより、髪の毛なんか見ると「落下」しているように見えますが。

http://nova.planet.sci.kobe-u.ac.jp/~matsuda/psudo/sinchou.html

こういうこと(このURL)に尽きるかと思いますが。


否定のための否定というのはよくないと思いますが(実際、大槻教授なんかは否定するための理屈がヘンな理屈になっていたりする、そのため受難だったりするので厄介です)、やはり信者以外の大衆の前でやったとか、写真でなく動画が存在するとかの、ナニかがなければ、所詮は言ったモン勝ちの世界ということになりそうです。


2 ● 1500曲を突破♪
●15ポイント

http://home.jps.net/~sabala/link.htm

Page Not Found

浮くというか跳ねるんですね。すぽーん、すぽーんと跳ねる。これはわたしもセッティングさえいい状態ならできますし、言うとおりにしてくれれば、体験させてあげることもできます。

ヘンな先入観を持たずに、ぼくらにはまだまだ知らないことがたくさんあり、驚くことを面白がる姿勢でいると、本当にいろんな面白いことが起こるのを目の当たりにしたり、我が身で実際に体験したり、いろんなことがいろんなふうにいろんなかたちでつながっているのを学べて賢く慣なれます。

ぼくが受けたのは、このリンクにある「シッダ・ヨーガ」の流れをくむ某所のインテンシブ・コース。

入口はいろいろあります。どこからでも山は登れるように。頂上は高原状態です。just like 千のプラトー。


クンダリーニ

http://www.3ho-sunya.jp/kundalini%20yoga.html

火の呼吸 クンダリーニヨガを学ぶ

原理的にはこれです。クンダリーニ


上記リンクの「エサレン」あたりから入るのがよろしいかと。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480087621/250-2844322-...

Amazon.co.jp: 空海コレクション 2: 本: 宮坂 宥勝

(Learn More) 空海コレクション 2 ちくま学芸文庫


あと我らが先人の偉大な学者でこういう人がいます。


3 ● TomCat
●20ポイント

http://02.members.goo.ne.jp/~member/monthlydiary.cgi?1601109@goo...

????R?i?L?D?M?j( ?D?)?m??? ???L

とりあえず写真が一枚こちらに。

http://nova.scitec.kobe-u.ac.jp/~matsuda/psudo/sinchou.html

>$B$3$j$J$$?B;N$?$A!&!&!&5?;w2J3X<T72A|(B</p>

> ところであの「空中浮揚」の写真を見ると、

> 麻原の顔が力んでいることに気づく。

> オウムの作ったアニメでは、

> 麻原は涼しい顔をして空中浮揚しているが、

> 写真はそうではない。


という見解が注目できます。

つまり、仮に本当にヨーガの成果として

空中に浮くという能力が身につけられると仮定しても、

その姿はアニメでしか描けず、

松本は擬似的に「肉体の成果」として実現して見せた、

というにとどまっていることを示します。

http://www005.upp.so-net.ne.jp/satoko-kikin/saiban-37-2.html

麻原公判第37回元信者紺谷反対尋問

法廷における元信者の証言でも、

松本に「空中浮揚はどのように浮くのか」と質問したら、

両手を机の上に乗せて「こんな風だよ」と

両手をふわ―と持ち上げた、

との元信者による証言があります。


理想の空中浮揚と、現実の空中浮揚との間に

かなりの違いがあったことをうかがわせます。


弁護士が「それで満足できた?」と問うと、

この元信者は、

「実際に跳んで貰いたかった」

「この人は飛べないと思った」

と述べています。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/mahayogi/saints/maharishi.html

404 Not Found

そもそもヨーガとは、アートマン、

つまり真我を三昧の境地に置くことで

自らと宇宙を一体化させていくための行法であり、

息を止めたら飛べるとか、そんなことを目的とするものではないのです。


古今東西、およそ高名なヨギに、

何分息を止めていられるか、

空中に浮かび上がれるかなどということに

こだわったという記録はありません。


むしろハイラカンのババジなどは

これからの時代はカルマヨーガが大切であるとして、

肉体的な行よりも奉仕の重要性を説いています。

http://www.vedanta.jp/contents/lecture/sw_siddha/supreme/supreme...

クンバカについては、ヨーガの位置づけでは

呼吸はプラーナに由来するという考えがありますから、

これをコントロールすることが主要な行法のひとつになるようです。


しかしヒンドゥの著名な指導者の一人、

ホーリーマザーは、

「プラーナーヤマの実践はオカルトパワーをもたらし、

このような通力は修行者を迷わせる」

と説いています。


すなわち、クンバカによって空中浮揚などの力を得ようとすることは

邪道であるということです。


4 ● obousankana
●15ポイント

http://d.hatena.ne.jp/obousankana/

お寺が大好き2

麻原の空中浮楊のサイトはわかりませんが、空中浮楊では東京でヨガ教室をやっている「成瀬」という人が有名みたいですよ。

麻原はたかだか50cmぐらいだけど、成瀬という人は天井近くまで浮いている写真を見たことがあります。

空中浮楊って、ヨガとか仙道とかの修行をすることにより普通に生じてくる修行の途中段階みたいです。

ちなみに成瀬ヨガのホームページはhttp://www.naruse-yoga.com/になります。


5 ● くまっぷす
●20ポイント

http://www.mammo.tv/interview/043_OhkawaY/

Mammo.tv >> 今週のインタビュー(2001.10.15号 Part2) 大川 豊 さん

江頭2:50もやってましたね。

麻原でも江頭でもないヨガの修行者の動画を昔見たことがあるんですが、空中浮遊というのは誇張で太ももの筋肉でぽん、ぽんとホッピングするような感じでした(座禅組んだまま膝で歩く代わりに膝を床に打ち付けて飛び上がる感じというか)。これは練習すればたぶん誰でもできますね。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ