人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

『花粉症の薬を飲んでいても献血はできますか?』 と日赤に質問したら、 『非ステロイド系抗アレルギー薬及び抗ヒスタミン薬の内服につきましては、当日の服用であっても献血にご協力いただくことができますが、花粉症で強い症状のある場合は、献血をご遠慮いただいております。』 とのことでした。そうすると、花粉症についてはどの薬を飲んでいても大丈夫なんでしょうか。飲んでも献血できる薬、できなくなる薬の商品名を教えてください。

●質問者: nagahito
●カテゴリ:医療・健康
✍キーワード:アレルギー ステロイド 大丈夫 抗ヒスタミン薬 日赤
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● marumi
●10ポイント

http://www.jrc.or.jp/qa/blood.html

【日本赤十字】献血・ボランティア・義援金-よくあるご質問-

ビタミン剤及びごく一般的な胃腸薬等のいわゆる「保健薬」の類については、内服していても特に支障のない薬です。

また、医師による処方が必要な薬の服用は、献血者が治療中であると考えられるため、献血者自身の健康を考慮し、献血をご遠慮いただく場合があります。

よって薬局などで販売している薬などはどれでも比較的飲んでいても大丈夫だと思いますが、花粉の状態がひどいときは献血は出来ないようです。


2 ● akaneko0226
●50ポイント

http://www.okusuri110.com/cgi-bin/biyokibetu_disp.cgi?03&03-...

抗ヒスタミン薬:ポララミン、ぺリアクチン、タベジール


抗アレルギー薬:サジデン、アセプチン、セルテクト等


ステロイド配合薬:セレスタミン

効き目は高いのですが、長期の服用は適しない。

◎質問者からの返答

ドラッグストアなんかに売ってる花粉症薬で、ステロイド配合薬ってのは無いと考えていいんでしょうか?


3 ● buruburuburu
●110ポイント

http://www.jah.ne.jp/~kako/

おくすり110番・・病院の薬がよくわかる

URLはダミーです。日赤の説明からするとステロイドが入っていなければよいようですね。ほとんどの抗アレルギー剤は問題ないと思いますが、セレスタミンは花粉症でも比較的よく処方されるかもしれませんね。あとはプレドニンに代表されるステロイド剤でしょうか。(でもステロイドはほとんど処方されないと思います)ただ問診の医師によっては知識がなくてダメ!といわれることもあるかもしれないので、献血に行かれる前に電話などで問い合わせしてみるのも手かもしれないですね。一応春に献血量が減るのは花粉症薬の服用患者が増加するためらしいとも言われているので。

◎質問者からの返答

私も数年前に花粉症の薬で止められて以来、この時期には献血に行かなくなりました。 たぶん、献血の習慣があった多くの人が、その時分に同じようなことを言われて、今も献血に行かなくなっていると思います。


4 ● fine_eco
●70ポイント

http://www.dammmy.com/

URLはダミーです。簡単に説明します。ステロイドが含まれているお薬には血が吸収してしまいます。だから献血側もそんな血は欲しくない。

そしてステロイドが含まれているお薬というのは医者の処方が無い限り出すことができないというくらい制限されています。まぁ、血液中に入ってくるいわゆる飽和脂肪酸みたいなものだからそれは全く一般向けでないことはわかりますが、薬局で扱うには限界があります。薬事法でプロダクツライセンスがあってそれが薬局には降りないように定められているようです。

◎質問者からの返答

なるほど。ためになりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ