人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

一部有料サービスを提供する某SNSでユーザーが不当と思われる理由で強制退会処分を受けました。
それに対処するため運営組織から届いたメールを抗議の理由として公開したいと考えるのですが、その「管理者」および「統括管理者」と署名されたメールには、著作権を理由に公開すると告訴する旨が書かれており、抗議に難渋しております。
そこで質問ですが
一般にサービスを受けるユーザーがその運営組織から受け取ったメール等の書類が著作権等を理由に公開はおろか引用も出来ないなどと言うことがあるのでしょうか。もしあるので有ればその理由も含め教えていただきたいです。

●質問者: tosiki
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:サービス メール ユーザー 告訴 対処
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● ssig33<xmp>
●20ポイント

http://www.hfj.com/tips/copyright.html

著作権「引用」

正当な理由があり主従関係がはっきりとして必然的な引用を拒否することはできませんので、そのメールはただの脅しです。

というか、普通そういうときは通信の秘密等を用いて対抗します。サービス側は馬鹿です。

◎質問者からの返答

通信の秘密によって内容は保護されてしまうのでしょうか。


2 ● TomCat
●20ポイント

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

?????@

基本的にメールといえども、

「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、

文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」

(著作権法第二条一項)

に該当するものである限り、そこには著作権が存在します。


ここで言う「文芸」は単に文芸作品のみならず、

幅広い文章表現を指しますから、

メールに著作権を主張することは正当です。


ならば第三十二条の「引用」として公表できるかというと、

これも私信として限られた相手にのみ限定して公開された著作物の場合、

広く公衆に提示する形で引用すると、

公表権の侵害であると訴えかねられません。


とにかく著作権法というものは

著作者の権利を守るための法律ですから、

そういうことになってしまうんです。


ただ、メールが送られてきたという事実、

そこにはこういう内容が書いてあったという事実は

何ら著作権法とは無関係に公表できますから、

メールの文章を用いず、間接的にその内容を解説するものである限り、

その内容には自由に言及できます。


?????????????????????

本来なら受け取ったメールをそのまま公開したいが、

差出人某はメールの著作権について

かくかくしかじかの主張をしているので、

ここは紳士的に直接の引用を避けておく。

しかし本件が訴訟に発展すれば、

「管理者」および「統括管理者」なるものが発した全てのメールは、

著作権法第四十二条の定めにより公開されることになるだろう。

?????????????????????


そのように付言しておけば、十分説得力のある抗議文が

作成できるものと思います。

◎質問者からの返答

具体的な抗議文まで教えていただきましてありがとうございます。

ただ、その内容は構成も含め威嚇的な部分を持っているようですので可能で有ればそのままを公開出来る可能性も探したいと思っています。


3 ● nontanx
●20ポイント

http://homepage2.nifty.com/hebicyan/main/cho1.html#ss12a

メールの文章は、メールを書いた人が著作権を持っているからだと思います。メールも創意工夫された著作物だということです。あまりに機械的に書かれた文章(?)だと、著作権も無いのかなあとは思いますが。。


http://www.tohoho-web.com/wwwcopy.htm

とほほの著作権入門

とほほの著作権入門

◎質問者からの返答

著作権の具体的な基準ですね、

どうもありがとうございます。


4 ● sami624
●20ポイント

http://www.houko.com/00/01/S45/048.HTM#s1

著作権法

(定義)第2条 この法律において、次の各号に掲げる用語の定義は、当該各号に定めるところによる。

1.著作物

思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。

→先ずないですね。そもそも、退会の根拠が記載されているため、文章が創作的であると判断されることがないからです。根拠を明示する文章が芸術や創作物になるとは、客観的に考えて可笑しな話だからです。

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/soudan/soudan/index.html

市民生活センター相談窓口

心配なら、市役所で行っている無料の法律相談に当該文章を持っていき、確認してもらえば大丈夫です。弁護士への相談は、著作権法上の問題は生じませんから。

◎質問者からの返答

やはり著作権の対象には当たらない可能性が有るのですね。

法律家または司法への相談の可能性は有るかと思います。

ありがとうございました


5 ● youkan_ni_ocha
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1113393574

人力検索はてな - 一部有料サービスを提供する某SNSでユーザーが不当と思われる理由で強制退会処分を受けました。 それに対処するため運営組織から届いたメールを抗議の理由として公開したい..

著作権を理由に公開すらできないというのは

まず、ないと思います。

ただ、理由が別にあって、口実として著作権を理由に拒否されたという事はあるかと思います。インターネット系のサービスの場合、たいがい、何かあったら、主催者側が勝手に処理します云々というただしがき、みたいなのがあったはずです。

場合によっては、理由すら言われない時もあります。これは、数が多いのと、はっきりした事をいいたくない。などが考えられます。

スポンサーの意向と違うとか、そういう事はあっかってもらっちゃ困るんだとか、(ライブドアのサイトでほりえもんの批判とか)読み手によっては、後々問題になる内容だった場合公開を差し止めるという事は、される場合があるでしょう。基本的に著作権について精通している管理者が多いとは思えないし、精通してれば、そんな事はできないような気がします。

◎質問者からの返答

やはり著作権というのはなじまない可能性が高いですね。

もう少し回答を待たせていただきます。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ