人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

赤ちゃんの抱っこについて、
以前は「抱き癖がつくから余り抱きすぎてはいけない」という意見が多かったと思いますが、
現在は「抱き癖というのはないから好きなだけ抱けばよい」という風になっている、と聞きました。
本当でしょうか?
いくら時代が流れているとはいえ、極端に意見が度変わるのはおかしいと思うのですが…

どうした方が良いのか、感情論とか憶測ではなく、根拠のある説明 or URLでお願いします。

●質問者: GigaSlave
●カテゴリ:学習・教育 生活
✍キーワード:意見 感情論 抱き癖 現在 赤ちゃん
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 12/12件

▽最新の回答へ

1 ● きゃづみぃ
●10ポイント

http://pinco.cside.com/ikuji/05.html

??????H

こちらは いかがでしょうか?

◎質問者からの返答

う〜ん、1個人の意見という気がしますねぇ…


2 ● yyaibo
●10ポイント

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/reader/200405/2004051700240.htm

*大 手 小 町*

まず抱き癖がつくから抱かないというのはよくないそうです。抱き癖うんぬんより、赤ちゃんがコミュニケーションを欲しがってるときに思いっきり抱いてあげることのほうが、精神的安定に必要だということです。

赤ちゃんは、ご両親がぴりぴりしてると、不安な気持ちに敏感です。


抱っこ大好きなのは、それぞれの子の性格と思われます。


それから、「抱き癖」については、あまりかまってあげれないお母さんへの慰めからでた考えではないか?ということです。

◎質問者からの返答

専門家の意見はどうなのだろう?


3 ● webber1
●10ポイント

http://www4.plala.or.jp/nakasan/top/box/soudannsitu/onbu/onbu.ht...

URLを参照して下さい。


幼児の子供がいますが、好きなだけ抱っこしてあげてます。

小学生2?3年になったら大人が、抱っこしたして上げたくても子供が、いやがるでしょう。

抱っこできるのもいまのうち。子供とのスキンシップですよね。

◎質問者からの返答

う〜ん…


4 ● makkyyyyy
●20ポイント

http://www.bonyu.com/advice/amae.html

?????????????????????????

ここの先生のはなしは参考になるのでは?

子育ては大変ですね^^

初めての子育てはわからないことばかり、

ただ私が思うに傾向は見れても

100%の答えはないように思えます。

たぶんご自分で調べられて、納得いく

答えが見つからなくお困りになっているのかと思うのですが、いろんな意見を参考にされるのがよいかと思います。

子育てがんばってください^^

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大変です。(^^)

そうですね、確かに100%と言う答えはないのかもしれませんね。

「抱きたらない症候群」とか、

あまえ→信頼→自立

自然卒乳

抱き癖がつくという説は、アメリカ流育児?

この先生の話は非常に参考になりますね。(^^)


5 ● BeeFamily
●20ポイント

http://www.u-tyan.net/biz/

インターネットビジネスで稼ぐならWeb収入どっと混む

URLはダミーです


(WATCHTOWERよりの引用)

生後1年ほどの間に,赤ちゃんは自分の世話をしてくれる大人―普通は母親―に愛着を抱くようになることが証明されています。親とのこのきずなに安心感を持てる赤ちゃんは,そうでない場合よりも上手にだれとでも接することができます。母親とのそうしたきずなは,子どもが3歳になるまでに築かれる必要があると考えられています。


知能が外からの影響に非常に敏感なこの大切な時期に,なおざりにされる赤ちゃんはどうなるでしょうか。267組の母子を20年間にわたって調べたマーサ・ファレル・エリクソンは次の意見を述べています。「なおざりにされる子どもは,ゆっくりと確実に元気を失ってゆき,ついには他の人と接触したり世界を探検したりする意欲がほとんどなくなってしまう」。


テキサス子ども病院のブルース・ペリー医師は,感情面でなおざりにされることから生じる深刻な結果についての自説を次のように例えています。「生後6か月の赤ちゃんについて,その体の骨を全部折るか,2か月間感情面でなおざりにするかのどちらかを選べと言われたら,その赤ちゃんにとっては骨を全部折られるほうがむしろましだろう」。なぜでしょうか。ペリー医師によると,「骨は治癒するが,赤ちゃんが2か月間にわたって不可欠な脳の刺激を得られないと,脳はいつまでたっても秩序を欠いたままになる」からです。そうした損傷は再生不能ということに,すべての人が同意しているわけではありません。それでも,種々の科学的研究は確かに,感情的に充実した環境が幼い知性に不可欠であることを示しています。


「簡単に言えば,[赤ちゃん]は愛し愛されるようにできている」と,「幼児」(英語)という本は述べています。赤ちゃんが泣く時は,「ねえ,こっちを見て」と親に訴えている場合が少なくありません。親がそれに優しく応えるのは大切です。そうしたやりとりを通して,赤ちゃんは自分の必要を他の人に知ってもらえるということに気づきます。他の人との社会的関係を築くことを学んでいるのです。


『甘やかしてしまわないだろうか』


『泣くたびにあやしていたら,赤ちゃんを甘やかしてしまわないだろうか』と思われるかもしれません。その可能性はあります。この問題に対する意見は様々です。どの子どもも他とは異なるので,一般に,どんな接し方が最善かは親が決めなければなりません。しかし,最近の幾つかの調査によると,新生児が空腹,不快,あるいは不機嫌になると,ストレス反応系統はストレスホルモンを出します。赤ちゃんは泣くことによって不快感を表現します。親がそれに応じて赤ちゃんの求めに応える時,赤ちゃんの脳には気持ちを静めることを学ぶよう助ける神経細胞のネットワークが造られてゆきます。また,メガン・グンナー博士によると,すぐに世話をしてもらえる赤ちゃんの場合,ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量はそれほど多くありません。それで不機嫌になった時でも,ストレス反応が比較的早く収まります。


「実際,特に生後6か月から8か月の間いつもすぐに相手をしてもらえた赤ちゃんは,泣くままにされてきた赤ちゃんほどには泣かない」と,エリクソンは言います。対応の仕方に変化を付けることも大切です。毎回食べ物を与えたりだっこしたりして,同じ仕方で対応するなら,確かに赤ちゃんを甘やかしてしまうかもしれません。時には,声をかけて泣き声に応えるだけで十分なこともあるでしょう。あるいは,赤ちゃんに近づき,その耳元で優しく話しかけるのも効果的でしょう。また,赤ちゃんの背中やおなかをさするのもよいでしょう。


「赤ん坊は泣くのが仕事」と,東洋では言われます。赤ちゃんにとっては,泣くことが自分の要求を伝える主な手段です。もしあなたが何か頼み事をするたびに無視されるなら,どんな気持ちがするでしょうか。では,世話してくれる人がいなければ何もできない赤ちゃんは,注意を引こうとするたびに無視されるならどう感じるでしょうか。とはいえ,だれがその泣き声に応じるべきですか。

◎質問者からの返答

ほほー、びっくりする内容ですねぇ。

赤ちゃんは愛されるようにできているんだ!


1-5件表示/12件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ