人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

AmazonWebサービスについて規約を読むと「1秒間に1リクエストまで」と書いてあります。しかしながら、アクセスがコントロールできないWebアプリケーションでは、それを確実に守ることはできません。一度、自サーバにキャッシュをしておく事は可能ですがAWSからAmazon内の商品情報を一気に持ってくることも不可能のようです。はてなのようなAWSを利用したシステムはその辺をどのように解決しているのでしょうか。具体的にそのような技術を乗せているページがありましたらご教示ください。

●質問者: suke-sdk
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:Amazon AWS Web Webサービス はてな
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● ukp
●50ポイント

http://www.mitsuki.no-ip.com/~seagull/diary/archives/by_id/00014...

Amazon Webサービスのちょっとまずい使いかた - かもめ日記

商品情報を一度に持ってくるのではなく、リクエスト毎にキャッシュしてるのだと思います。はてなさんのXML解析のこだわり方からすると、


・リクエストで返ってきたXMLをキャッシュ

・次回からキャッシュしたXMLを毎アクセス解析(パース)

・一定時間毎にキャッシュを更新


だと思います。データをそのまま保存するか、パースしたものを保存するか、バッチでデータを貯めておくか、などはキャッシュシステムの作り方によって任意だと思います。

http://park2.wakwak.com/~mono/cgi-bin/blosxom.cgi/blosxom/as_cac...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。やはり、帰ってきたXMLデータをキャッシュするしかないですよね…。(Amazonの規約によると、キャッシュは24時間ないし3ヶ月であればOKだということです)

バッチで片っ端からデータを引っ張ってくる方法ではなくて、アクセスごとにキャッシュをするようにすればWebサービスへのアクセスは減らせるかもしれません。試してみようと思います。

ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ