人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

左足のすねからふくらはぎの数カ所にアトピーのような皮膚炎に最近なってしまいました。今までアトピーとは無縁で30年生きてきました。数年前から花粉症にはなりましたが、アレルギーが関係しているのでしょうか?それとも体の別な場所が悪いために、左足に症状がでているのでしょうか?

●質問者: loy
●カテゴリ:医療・健康 生活
✍キーワード:ふくらはぎ アトピー アレルギー 花粉症
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●27ポイント

http://www.iwatanet.com/kikuya/ato-genin.htm

?A?g?s?[?????

アトピー性皮膚炎は他のアレルギー疾患と異なった仕組みで発生しますが、

免疫系に起因する反応であるという点で

花粉症とも無縁とは言えません。

http://hichi.hp.infoseek.co.jp/ikuji/alerugy/a-8b.htm

infoseek isweb

アトピーはIgEと呼ばれる抗体を作りやすい体質に発生します。

アレルギー症状のうち遺伝的要素が高く

遅延型の側面が強いものをアトピーと呼びます。

http://www.esampo.com/baby/sick/sort/skin/02.htm

こどもの病気とケア

アトピーの多くは乳幼児期に発生しますが、

最近は大人になってからの発症も増えています。


ただ、皮膚炎の治療にホルモンの一種としてのステロイドが効くことの逆に、

内分泌系などの異常によって

皮膚に病変が現れることも有り得ます。


そのへんを考えると、一応、

「体の別な場所が悪いため」という可能性も視野に入れて、

念のための検診は受けておいた方がよさそうだ、

ということは言えると思います。

◎質問者からの返答

いろいろとご指摘ありがとうございます。


2 ● youkan_ni_ocha
●14ポイント

http://www.rakuda.co.jp/byouki/b_zenshin16.html

アトピー性皮膚炎 色々な病気コーナー<漢方相談>

左右対称に発疹が発生します。

・かゆみを伴います。

・体の広い範囲におこり、慢性に繰り返すことが多いです。


しかし、、、、、

http://shimonagaya.com/atopic_dermatitis.htm

アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis;AD)という病名は1933年にMarion Sulzbergerらによって使われるようになったもので、比較的新しい病気です。Coca&Cookeは、喘息と枯草熱(アレルギー性鼻炎の一種)が同一人、同一家系内で発症することが多く、遺伝的要素の濃厚なことを指摘して、1923年に「奇妙な」を意味するギリシャ語のa topicaからとったatopyと呼ぶことを提唱しました。 SulzbergerらがADの特徴として挙げた症状は次のように要約されます。

(1)アトピーの家族歴があること。

(2)乳児湿疹があること。

(3)肘窩、膝窩、前頚部、胸、顔面、眼瞼に病変が局在する。

(4)皮膚に灰色あるいは褐色の変化がみられる。

(5)接触性皮膚炎と異なり、臨床的・組織学的に小水疱がみられない。

(6)血管運動神経の不安定性あるいは易刺激性。

(7)多くの接触抗原のパッチテストが陰性であること。

(8)多くの環境蛋白抗原、食物蛋白抗原のスクラッチテストあるいは皮内反応が陽性であること。

(9)患者血清中にレアギン(IgE)が存在すること。


上記項目に当てはまればアトピーらしいです。素人判断は危険と買いてあります。


3 ● mimibukuro
●14ポイント

http://www2.tokai.or.jp/hiramatu/hifuk/sishin.htm

私はお医者さんではないので経験から。参考にならなければポイント不要です。

私も23くらいのときにアトピー性皮膚炎が発症しました。もともと皮膚が弱く、アレルギー性皮膚炎でした。また、基本的にアレルギー体質で動物の毛や、ダニや、埃などにも反応します。いつもの薬で治らず、顔もガサガサしてきたため病院に行ったところ(診断に納得が行かず、3箇所目で)アトピーと診断されました。薬が合った&軽症だったために、現在見て分かるような症状はないですが、疲れたり不規則な生活をしたりしていると出てきます。というわけで、成人してからアトピーになることもあります。

ペットを飼っていれば毛についているダニやノミにアレルギー(私がそうですが)が出ることもあります。→かゆくなったり湿疹が出たり、目が腫れたり鼻水が出たり…すぐに触れた部分を洗えばそれほどでもないですが。

しかし、私は現在のところ花粉症はありません……関係があるとはよく聞きますので、いずれは出るかもしれませんが。

このようにケースバイケースですので、とりあえず、早めに病院に行って診断してもらうのが一番安心かつ治りも早くなるかと思います。お大事に。

◎質問者からの返答

体験談をありがとうございます。ストレスと疲れが溜まっているので、それも原因なんでしょうね、、、


4 ● 1500曲を突破♪
●14ポイント

http://www.toyama-mpu.ac.jp/md/pedi/mennHp/body/gairyaku.htm

????????u?s?S????Q

(URLは大袈裟すぎます)


とってもヤなコトを言いますが、(でも、かりにそれがわたしだったらそう考えるということでお許しいただくとして)あなたの体の免疫系に異常が(もしくは)衰弱が出ている可能性をチェックすることが必要かと思われます。極言すれば、まずAIDSの検査からはじめて、免疫不全が出るような生活(睡眠、食生活など)が続いていないかなど日常のことにいたるまで、ご自分の体にいま一度新たな眼差しを送ってみるとその他、いろんな方向でよき回復の契機になるかもしれません。

http://www11.plala.or.jp/pc-sense/meneki-syoku.htm

NOT_FOUND 404

◎質問者からの返答

たしかに、、


5 ● ywata
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/???:detail]

素人判断は病状を悪化させます。皮膚科専門医に行った法がよいでしょう。皮膚科を標榜している医者でも副腎皮質ホルモンを渡すだけで根本治療をしないところがたくさんあります。

拝見しないと判りませんが水虫や疥癬が出来ていた例もあります。(URLはダミーです)


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ