人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ブログについて、「もしも」の質問です。
ブログに会社のことを書いたせいで解雇されたアメリカ人についての記事を読みました。
もしもあなたが今勤めている会社で従業員の処遇を決められる立場だとしたら、もしくは会社経営者だとしたら、
1.どの程度の記事なら従業員を解雇しますか?
2.逆に、どの程度なら見逃す、もしくは軽い注意にとどめますか?
理由も添えて教えてください。
(減給などの中間レベルの処分は、今回は考えないでおきます)

●質問者: yokumoku
●カテゴリ:ビジネス・経営 コンピュータ
✍キーワード:あなた アメリカ人 レベル 会社 経営者
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●25ポイント

http://www.smbc-consulting.co.jp/BizWatch/Keiei/hou_viewer.php?p...

法的に守秘すべき秘密や、

雇用契約上禁止される情報、

製品等の独自性の根幹に関わる情報の漏洩であれば、

これは当然解雇どころか、良くて懲戒処分、

悪ければ損害賠償請求ものです。

場合によっては刑事告発だってすると思います。


しかし、それ以外のことなら、

私的な時間の私的な行動に、

会社は口を挟めません。

どんなに気に入らないことを書かれても、

それは見逃すしかないでしょう。


せいぜい一杯おごって、

「君ぃ、不満があるなら私に直接言ってくれよ」

と言うのが精一杯でしょう(笑)


ちなみに私が経営者だったら、オイシイ企業秘密は山盛り、

そして悪口や陰口は叩きようのない楽しい会社を目指します(^-^)

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

勤務中のことを書くと、どうしてもその「守秘すべき秘密」に引っかかってきがちだと思うのですが、

どこまでが「秘密」なんでしょうね。

たとえば

「営業二課のバーコード課長はライバル会社の製品の方が性能がいいと言っていた」

とか書くのはギリセーフなのかな、とか思ったり。

バーコードとか書いてる時点で、出世よさようなら…ですが。


2 ● sami624
●25ポイント

http://www2.sipeb.aoyama.ac.jp/~horiuchi/reference/MIS.htm

経営情報ですね。

企業は株主の利益追求を目的としているため、株主の利益を侵害する行為をした者は処罰ですね。その中で、経営の主軸となる情報の漏洩をした場合は、懲戒免職でしょう。また、経営の主軸に関わる事項でなくても、情報漏えいにより多大の損害が生じた場合は、懲戒免職とします。株主から代表訴訟をされる恐れがあるような情報漏えいをした場合ですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

株主の利益。なるほど〜。

記事で読んだ、客室乗務員の制服姿の写真を載せたら解雇された、というのはどうしてだろう?

写真だけでなくて、ブログそのものが問題だったのかな。


3 ● dtm_master
●35ポイント

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/h16_1_1_kaisei/2004_1_1...

2004年1月1日 改正労働基準法 解雇条項

労働基準法18条の2にもあるとおり、

やはり会社に明らかな損害を与えたという証拠がない限り解雇は難しいです。


解雇への一線を越えるとしたら

●機密事項の漏洩

●会社の信頼喪失

が主な原因になると考えます。従って、以下のような記事が掲載されたら解雇対象です。


自分の会社では、○○という商品を扱っているけど、実は○○のようなことがあって大変でしたと公開している情報以外のもので開発過程や、社内秘であつかっていたものを公開した場合


自分は○○という会社で働いています。と宣言しておきながら、同業他社の批判ばかりをしているようなサイトを運営していたりする

場合であきらかな信頼喪失が生じている場合


とはいったものの

サイト運営をやっている人間と仲がよくておおっぴらになっていない状態であれば、注意に留まります。仲がわるければ即効で解雇にむけて動き出します。


会社の内部の仕組みなどを公開するといった行為全般は解雇の対象になりえます。

信頼喪失の面では立証が難しいので、注意に留まる方が多いと考えます。


いずれにしても、会社内部でしか知りえなかった情報を記載することはよくないことだと思います。その専門でやってるからこそ知りえた公開情報についてはいくらでもブログに掲載してよいでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ご説明が具体的で、とても分かりやすかったです。

>サイト運営をやっている人間と仲がよくておおっぴらになっていない状態であれば、注意に留まります。仲がわるければ即効で解雇にむけて動き出します。

なるほど(笑)


4 ● besus
●35ポイント

http://www.eff.org/Privacy/Anonymity/blog-anonymously.php

EFF:

URLはダミーです。会社として不利益となる情報を漏洩したのであれば、解雇にいたします。不利益となる情報とは、ブランドを傷つけるもの、競争戦略上ダメージを受けるもの、株価の操作の一員となるものが有ると思います。

http://d.hatena.ne.jp/besus/20050413

β. (Bee’s Blog) - [Blog]ブログ執筆ガイドライン

私のブログにも書きましたが、ブログで解雇になったケースの実情は、ブログそのものが直接原因になった訳ではなくて、多々の理由のうちの1つに過ぎなかったからだと思います。要するに、従業員としての倫理を守らない行動をいくつか行い、そのうちの1つがブログ執筆だったということでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

ブログ拝見しましたが、私も

「『地名は明かすな』とか、『職種は明かすな』とか、そりゃ匿名は有効なんだろうけど、でもそれってどうなの?」と思ってました。

話はそれますが、besusさんのブログはまさにジャーナリスティックな「ブログらしいブログ」ですね。


5 ● mimibukuro
●35ポイント

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/rnc/docs/cp_s00010.jsp?f=ytp&am...

リクナビNEXT/リクルートの転職サイト

【解雇】

会社の不利益になるようなコト全般ですね。

・個人情報の漏洩

(従業員・顧客・取引先など全て)

・悪意が感じられる特定個人への誹謗中傷

・経営に関すること

・クレームなどなど会社の不利益になること

(この場合は顧客→自社へのクレームです。そういった内容や、それへの対処などについて具体的に書かれたりしているとダメかと。やはりマイナスのイメージをお客様に与えることは避けたいですね)

・同業他社が見て有益になるような情報

(製品・サービスなど全般)

・会社に対する過度な不満

(残業が多くて大変?くらいならいいけど、あまり事細かに文句が連なっていると、さすがにちょっとそれは直接言うつもりがないなら他の会社で頑張っていただきたいと思うでしょう)

【注意・見逃す】

・悪意がなく、情報と呼べるものでもなく、誰か(もしくはどこかの会社か)特定できないような状況での可愛い不満

(上記の残業が多いよーとか朝が早いよーとかまあ一般的に差しさわりのないもの)

・注意されて納得がいかなかったことなどに関する疑問や反省

(ただし情報を含まないこと)


実在する会社名を挙げて自分がそこの社員であると名乗った上で、悪意のあること・会社の不利益になることを吹聴するのであれば許さないと思います。また露骨に誰か個人を傷つけてしまうようなことも、許さないと思います。

不満があるなら社会に向けて発信する前に、会社の中でそれを解決できるように声をあげてほしいと思うことでしょう(偉い立場だったりした場合の話ですが)。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

日本でブログだけで解雇までいけるかな、とも質問を書きながら思ったんですが、

この回答のようなことをしたら少なくとも何らかの懲戒処分でしょうね。でも実質クビでしょうね。

【注意・見逃す】のご指摘も参考になりました。

今でもウェブ日記でよく見られるグチですね。

昔自サイトでウェブ日記をつけていてましたが、ある日ふと解析をひさしぶりにチェックしたら、うちの会社からアクセスしてる人がいてギョギョッ!とした思い出があります。

うかつなことは書けませんなあ。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ