人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

内村鑑三が、「神を信じられないという思いがあっても、それを乗り越えて信じぬいてこそ本当の信者といえるのだ」というニュアンスのことを言っていたように記憶しますが、原文が見当たりません。出典をご存じでしたら教えてください。

●質問者: kaormats
●カテゴリ:学習・教育 芸術・文化・歴史
✍キーワード:ニュアンス 信者 内村鑑三 記憶
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● horosuke
●40ポイント

http://www.geocities.jp/asatosen/mukyokai01_uchimura.htm

無教会とは?

この文章のことでしょうか。


余(「よ」と読む、「私」のこと)は無教会となりたり、人の手にて作られし教会今は余は有するなし、余を慰むる賛美の声なし、余のために祝福を祈る牧師なし、さらば余は神を拝し神に近(ちかづ)くための礼拝堂を有せざるか。(岩波文庫119-1、基督信徒のなぐさめ、55p)

◎質問者からの返答

違います。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ