人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

京都で舞妓さんになりたいです。
いわゆる「1日体験」とかじゃなく、職業としての舞妓さんに。
どういう手順でなれるのか、1から10までお教え下さい。

●質問者: yukinofu
●カテゴリ:就職・転職 芸術・文化・歴史
✍キーワード:京都 職業 舞妓
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● TomCat
●40ポイント

http://www.din.or.jp/~an-natu/take-5.html

?|???

こちらでいかがでしょうか。


各花街によってシステムの違いがあるようですので、

まずは各街のお茶屋さん組合に問い合わせてみるのが

一番の早道のようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。このリンクでほぼ解決した感がありますが、とりあえず残りの回答を読んでみます。


2 ● torihamuhamu
●11ポイント

http://www.studio892.com/gion/gion.html

祇園のこと

頑張ってくださいね。

でも舞妓の世界1から10まで教えてもらうような甘い気持ちでは務まりませんよ。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● amija
●11ポイント

http://www.ecobox.co.jp/TAKEMOTO/

舞妓さん募集

普通の就職と同じように舞妓派遣会社に就職するようですね。舞妓さんのお仕事とかなり方とか丁寧に紹介しています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。色々あるようですね。1番の回答にに載っていた組合、2番の回答に載っていた屋形、そして派遣会社ですか。なる道は1つじゃないんですね。


4 ● p00437
●11ポイント

http://www.ad-kyoto.jp/maiko/maikotisiki.html#maiko

???W??????

舞妓さんは、誰でもすぐになれるものではありません。


まず、舞妓さんはおおむね二十歳までの娘さんに限られていますし、お座敷に出られるようになるには「仕込みさん」として、花街のしきたりや行儀作法、京都以外の出身の娘さんには京言葉などを少なくても一年程は修行しなければなりません。 ですから、中学校卒業と同時に置屋さんで仕込みさんとして修行を始める娘さんが多く、なかには、置屋さんで修行しながら中学校へ通うといったケースもあるようです。


仕込みさんとしての修行が終わり、舞妓さんになる前の一カ月ほど「見習いさん」としてお茶屋さんの仕事を手伝いながら、自動車免許の路上教習のように実際のお座敷にでるための勉強をします。

置屋さんに表札を出してもらい、組合にも登録が済むといよいよ舞妓さんとしての仕事が始まります。

紋付きの黒い着物にだらりの帯の姿で、お茶屋さんに挨拶廻りをし、お披露目をします。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


5 ● yumiruka
●5ポイント

http://www.ad-kyoto.jp/maiko/maikotisiki.html

???W??????

こんなところでしょうか。

どちらにしても厳しい世界のようですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。4番の方と同じサイトでしょうか・・・?


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ