人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

締切に間に合わない…!
そんなギリギリになってから全力スピードを出してしまう性格の方で、
そうならないように工夫されている方に質問です。
どのようにモチベーションをあげ、スケジュールを管理されていますでしょうか?
特にモチベーションのあげ方を詳しくお教え頂けましたらとても嬉しいです。

●質問者: milkpet
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:ギリギリ スケジュール スピード モチベーション 性格
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 20/20件

▽最新の回答へ

1 ● castle
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/ダミー:detail]

締め切りがギリギリになるには2つの理由があります。

1.作業のクオリティを過剰に求めてしまう。

2.作業の価値を内心低く感じてしまっている。


1に対しては、マイ締め切りを数日前に設定して、納期を守るのもクオリティだと言い聞かせながら、これを規準に作業を行います。

2に対しては、自分が納品先の相手になって気分で遅刻をかまされた催促と抗議のメールを自分に対して書いてみましょう。

…やる気が凄く上がります…。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

1のお答え、よく当たっています。いつもできあがったときのクオリティのことを考え、もっといいものを、

もしくはもしできなかったらと悪い未来を考えてしまうとき落ち込んでしまいます。

2の、できるだけ厳しいメールを自分に書いてみます。こちらはまったく思いつきませんでした(^-^)


2 ● chiara
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1114012235#

人力検索はてな - 締切に間に合わない…! そんなギリギリになってから全力スピードを出してしまう性格の方で、 そうならないように工夫されている方に質問です。 どのようにモチベーション..

私もいままではギリギリでないと、できないたちでしたが、これをするようにしたら、余裕を持って終われるようになりました。

まず、締切り日当日、前日あたりに、人(すごく会いたい人や好きな人だとよりよいです)と会う約束をいれたり、エステやネイルサロンの予約をいれたり、旅行の予約を入れておきます。そうすれば必然的にその日前までに終わらせないといけない&でも終わったら好きな事が待っているため、意地でも頑張れます。最初は間に合わなくて、結局約束をドタキャンしたりしてしまいましたが、徐々にできるようになってきますよ!

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます!

締切が終わったら自分にご褒美をあげる形ですね。

締切前なのですがご回答を拝見させて頂きすごくポジティブにして頂きました(^-^)


3 ● duemr701
●10ポイント

http://www.zaq.ne.jp/

ZAQケーブルインターネット接続サービス

私はいらちなので、クリアしてから後で楽する方です。なので速くしないと楽できないと、楽の事を考えモチベーションを上げてます。

◎質問者からの返答

ご回答ありがとうございます。

楽のことを考えると、ぐうたらなので楽を先にしてしまいます…。

某堀江社長も本で、すべきことを先に済ませてしまい何もない状態の心地よさを〜と書いていらっしゃり

ふむふむと実践してみたのですが、ついまだ時間があるなと勘違いして

締切間近になってしまうことも多くあります。う〜ん。


4 ● idetakato
●45ポイント

http://my.yahoo.co.jp/

My Yahoo!

URLはダミーです。

私もギリギリにならないとやれない性格を悩んだ時期がありました。中高生の頃は、「やらなきゃ、やらなきゃ」で一夜づけならまだいい方で、結局「次ガンバロウ!」の連続で、何とかしなきゃと思いながら、社会人になっていまいました。しかしながら、社会人になっても、そんな性格はすぐには治せませんでした。でもある時、先輩からの言葉にすっかりはまってしまい、私のスケジュール管理は、徐々にスムーズに行くようになりました。その秘訣は、「自分の時間を持つ」ということでした。最初は、ストレスを溜めないように余暇を楽しむのかなと勘違いしましたが、実はそうではありませんでした。「自分の時間を持つ」とは締切があと10日であれば、5日だと思うこと。例えば、上司が10日でやりなさい、との指示に対して、自動的に5日でやれる段取りをして、実行するということでした。それを聞かされた時の私の第一印象は、「2倍のスピードでできるはずがない!」でした。でも、その先輩は続けました。「できる時間、できない時間は人それぞれだ。絶対的な尺度はない。10日と言われたら、5日だと思い込む、つまり習慣化できるかどうかだ!」と言い放ちました。事実、その先輩はライバルの2倍以上の売上げをつくり、同期の出世頭でした。

私は、ハタと気づきました。「ギリギリは、他人が決めた時間に振り回されていること。仮にそれが公けの時間であっても自分の時間と同じに考える必要はない」と。つまり、大事なのは、10日でやることを5日でやり遂げる工夫が自分にできるかどうか」だ、と。これは今までのぐうたらな自分への「挑戦」でした。それは、のちに私自身に以下の教訓と副産物を授けてくれました。公けの10日を自分の中で5日にすることは、「言われた仕事」から「自分の仕事」に変化(引き込むと言った方が良いかも)させることだと。5日でやる算段を考え始めた瞬間、自分の仕事となり、自分の責任となり、しかしそれを達成した時には、最高のやりがいとなってかえってくる。それからは、日々ひたすら、「自動的に半分にする」ことを言い聞かせ、今日に至っています。で、結果はといいますと、100%ではないですが7、8割は半分の時間でこなせるようになっています。でもこれは、周りの人にはナイショです。半分の時間が経った時に、上司などにおおよその途中経過を報告します。方向性が間違っていなければ、それはもうすでに出来たことですし、もし万が一(20年間に1,2度しかありませんが)全部やり直しになってもまだ半分残っていますので、充分リカバーはできます。

これが本当の「ゆとり」です。あとは別の仕事をするなり、自分を啓蒙する時間にあてたり、いや、上司、会社、社会の要求の200%を目指すのも良いでしょう。まあ、このあたりが、「副産物」です。今はこの「習慣」で「やりがい」と「達成感」を満喫することに喜びを覚えています。とにかく、一旦自分で受け止めて、「自分の時間を構築」してはいかがでしょうか。ご参考までに。

◎質問者からの返答

とてもご丁寧なお答えを本当にありがとうございました!

自分にできないのではないかという不安と焦り、そして甘えが行動させることをよくとめてしまうときがあります。

そのときに、お教え頂いた半分の期間で仕上げることをしていれば、まず半分の期間で仕上げ、残りの期間の半分で見直し+修正をかけていけば

少しでも前進できるような気がして参りました。

モチベーションが落ちるとき、こちらのお言葉を何度も読み返させて頂きます。

本当にありがとうございました(^-^)


5 ● TomCat
●45ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

ああー。私も全く同じです。

もうギリギリ。今日取りかからないと間に合わない、

というところまで追い込んで、

そこから一気に取りかかって仕上げていく。

このテンションの高まりがいいんですよね。


こういう人間に「三日早く取りかかれ」といっても無理な話で、

事前から余裕を持って準備していっても、

結局直前になった時点で全てを破棄して

また一から組み立て直したくなってしまったりしがちなんですよね。


そこで自分の場合は、取り組んでいくあらゆることに

「完成後」のスケジュールを組み入れて、

そこを「調整」や「点検」に充てていくようにしています。


仕事の終わりの後に、もう一項目、

完璧を目指すためのスケジュールを入れていく。

そしてその追加のスケジュールを

「必要不可欠のもの」と強く認識し位置づける。


こうして組み立てた予定を前提にギリギリから走り出すと、

気分的にも自分に最適なハイテンションが得られますし、

取り組みの完成度も高まって一石二鳥になってきます。


ギリギリにならないと走り出せない性格にプラスアルファで

完成後の点検が欠かせないという性格を付け加える。

きっとこれでうまくいくと思いますよ。


ってなわけで、お互い、張り切っていきましょう(^-^)/

◎質問者からの返答

いつも丁寧なご回答をありがとうございます*

出来上がり+αを設定するのですね!

先のご回答にも頂いていましたように、それでしたらミスも減ってより良いものができあがりそうです。

モチベーションの持っていきかたなど、ご回答を拝見させて頂きながらとてもワクワクさせて頂きました(^-^)

本当にありがとうございます*胸に刻んで精進いたします(^-^)!


1-5件表示/20件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ