人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

二次元(画面やブラウン管という意味で)と三次元はどう私たちに違う印象や意識を与えるのでしょうか。例えば、携帯電話やパソコンに写っているヒマワリと、実際のヒマワリはどう違う印象や意識を与えるのでしょうか?
あなたが答えてくれても良いですし、そういったことを論じている本を紹介してくれても嬉しいです。

●質問者: jyantadesu
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:あなた パソコン ヒマワリ ブラウン管 三次元
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● marchu
●24ポイント

自分は、二次元と三次元を比べたときに二次元でも十分印象などを与えてくれますが、三次元になると、「モノの存在感」というものを二次元と比べて強く感じます。


例えば写真で見た「景色」も実際にその場所に行ってみるとその場の「存在感(広いなぁとか迫力があるなぁなど)」と言うのが感じられると思います。


2 ● surreal_shiru
●23ポイント

光情報工学 [テレビジョン学会教科書シリーズ] (光エレクトロニクス教科書シリーズ (6))

光情報工学 [テレビジョン学会教科書シリーズ] (光エレクトロニクス教科書シリーズ (6))

  • 作者: 渡辺 敏英 徳丸 春樹
  • 出版社/メーカー: コロナ社
  • メディア: ハードカバー

ISBNはダミーです。

二次元の絵は両目とも同じ画像を見るので、平面だと認識されます。

それに対して、実物は両目で違う画像を見ることになるので、立体と認識します。

また、ディスプレーによって、色の再現方法が異なったり、明るさが違うの違うように感じると思います。

明るさについて例えると、太陽を見るとまぶしくてとても見れませんが、テレビに映った太陽はまぶしくありません。


3 ● p_p_p
●23ポイント

画面に映っているものと、実際に見えるものの違いとして、正しい大きさを認識できるかという点が挙げられます。画面では見る画面によって変わってしまいます。また実際の花を見ている場合は映像だけでなく、そのほかの環境も同時に感じています。例えば音や温度、風といったものです。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ