人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

公共政策研究の基本書・必読書と思われる文献を挙げてください。最近のもので、初心者にもわかりやすいものをお願いします。

●質問者: hken
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:いもの 初心者 必読書 研究
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●20ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641049572/249-2222521-...

Amazon.co.jp: 公共政策学入門―民主主義と政策: 本: 足立 幸男

こちらは分かりやすいですね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● hamao
●30ポイント

パブリック・セクターの経済・経営学

パブリック・セクターの経済・経営学

  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • メディア: 単行本

行政経営の基礎知識50

行政経営の基礎知識50

  • 出版社/メーカー: 東京法令出版
  • メディア: 単行本

行政の経営改革―管理から経営へ

行政の経営改革―管理から経営へ

  • 作者: 上山 信一
  • 出版社/メーカー: 第一法規出版
  • メディア: 単行本

1.テキスト方式で分かりやすいですね。初心者向けとなると違うかなと思いますが読むべき書の一つなので

2.行政経営研究の雄、大住先生の基礎書。大住先生と上山信一郎先生の著作を読めばトレンドである行政評価と行政経営が分かります

3.その上山先生の基礎書です。ただ3年前の出版なのに内容が古く感じる。

従来の公共政策の視点では宮本憲一や足立幸男両先生の有斐閣での著作が普通な気がしますが、必読とは思わないです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● ぽーるすたー
●20ポイント

http://ishihara.t.mepage.jp/

石原俊彦 研究室 -PROF.ISHIHARA'S LAB-

新行政経営マニュアル―イギリスのNPM(ニュー・パブリック・マネジメント)に学ぶ

新行政経営マニュアル―イギリスのNPM(ニュー・パブリック・マネジメント)に学ぶ

  • 作者: トーマツ 石原 俊彦
  • 出版社/メーカー: 清文社
  • メディア: 単行本

NPM(ニューパブリックマネジメント)、WHYNOT(自治体内部からの監査・監視・起動)でお馴染みの石原先生が出された本です。

先生は、大住先生と並んで自治体の改革委員を多数歴任され、実際神戸や名古屋等で実績をつんでおられます。

是非読んでみて下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ