人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

「言語政策学」の教科書になると思われるものをあげてください。ただし、田中克彦、鈴木孝夫の両氏の著作の情報は不要です。海外の基本文献を紹介した書籍などもお願いします。

●質問者: hken
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:教科書 書籍 海外 田中克彦 言語
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● くまっぷす
●30ポイント

http://www.oup.com/us/catalog/general/subject/Linguistics/Sociol...

ちょっと条件とずれるかもしれませんが、検索していくとこの本”Language Wars and Linguistic Politics”がかなりあちこちで(応用言語学や言語標準化計画などで)引用されています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


2 ● boring123
●30ポイント

http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocDetail?hdn_if_lan...

Webcat Plus

言語政策とは何か

ルイ=ジャン・カルヴェ著 ; 西山教行訳 -- 白水社, 2000.7

クセジュ文庫というのがちょっと気になりますが、

ここで検索しました。↓

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

他にもいろいろある様です。

既にご存知でしたらポイントいりません。

どうも。どうも。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ