人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

環境と人間の経済学

●質問者: k_katuragi
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:人間 環境 経済学
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● newmemo
●14ポイント

http://katsuragikenji.hp.infoseek.co.jp/kenkyu2.html

infoseek isweb

この本のことでしょうか?

◎質問者からの返答

新版を2005年3月に編纂しています。


2 ● TomCat
●14ポイント

http://www.bekkoame.ne.jp/~adusay/A1.html

????o??w??????

環境経済学について。

http://washida.net/genko/enveco.html

環境経済学とは何か

こちらも、環境経済学について。

http://w2322.nsk.ne.jp/~k_katuragi/kenkyu2.html

「環境と人間の経済学」改訂版(ミネルヴァ書房刊)の目次です。


3 ● sami624
●14ポイント

http://www.toua-u.ac.jp/tsusin/syllabus/envir/11.doc

http://lawschool-konan.jp/ishii/lec/keiyaku.pdf

甲南大学 法科大学院

http://uno.law.seikei.ac.jp/~uemura/chp9.html

???X??@?s???_??

環境は侵害行為を特定するのが困難であるため、行政が主体となって対応すべき問題となっています。そもそも、市民法においては、自力救済権を認めていないことから、環境の侵害行為に対して、一般市民が通行禁止や、騒音源の差止行為が出来ず、また、通行や騒音源の使用に対し、科料を課すことも出来ないことから、行政機関が条例等により環境侵害行為に対し、科料を課したり、環境改善プロジェクトの推進等をせざるを得ない。


4 ● シュうぇッチマン
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/475710037X/250-7272628-...

Amazon.co.jp: 自然 まだ見ぬ記憶へ: 本: 港 千尋

メリーランド大学環境経済研究所のロバート・コスタンザ教授のグループが『ネイチ

ャー』誌に発表した「自然の値段」論によれば、地球上の生態系が行なう様々な作用

を「サービス」として捉えた場合、地球上の自然資本の対価は全体で年間33兆30

00億ドルと算出できるという。


33兆3000億ドルですよ、33兆3000億ドル。円じゃなく、ドル。しかも1

年間の額です。環境のことをもっと考え、大切にしましょう。


5 ● butaman75
●14ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623042626/qid=11147478...

Amazon.co.jp: 環境と人間の経済学: 本: 桂木 健次,藤田 暁男,増田 信彦,山田 国広

これですか?


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ