人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

会社の経費でデジカメを購入し、代金は10万円を超えました。勘定科目は減価償却費になりますか?それとも消耗品費になりますか?

●質問者: okunyan
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:デジカメ 会社 消耗品 減価償却費
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● dtm_master
●13ポイント

http://www.notogawa.jp/notogawa/zeimu/koteishisanzei.html

固定資産税の対象になりますので、償却資産になります。減価償却費でしょう。


2 ● sami624
●13ポイント

http://www.nagano-morita.com/1001.html

Nagano & Morita CPA

金額により計上基準を決定するのは、個別企業です。

http://www.chuoaoyama.or.jp/public/trend/030416_0101.html

http://www.ron.gr.jp/law/etc_txt/kigyokai.htm

企業会計原則

企業会計原則にも、一定以上の金額の資産を資産計上するとの規定はありません。

http://tax.nobody.jp/kigyoukaikeigensoku_bs.htm

B 固定資産は、有形固定資産、無形固定資産及び投資その他の資産に区分しなけばならない。

建物、構築物、機械装置、船舶、車両運搬具、工具器具備品、土地、建設仮勘定等は、有形固定資産に属するものとする。

営業権、特許権、地上権、商標権等は、無形固定資産に属するものとする。

子会社株式その他の流動資産に属しない有価証券、出資金、長期貸付金並びに有形固定資産、無形固定資産及び繰延資産に属するもの以外の長期資産は、投資その他の資産に属するものとする。

→企業の規定で備品に計上する資産の内訳を決定し、それに該当する場合、備品として資産計上し、耐用年数に応じて、定率もしくは低額で減価償却をすればいいのです。

http://www.taxanser.nta.go.jp/5400.htm

●減価償却資産の取得価額に含めないことができる付随費用

基本的には、消耗品の場合は、

消耗品費 ○円 現金 ○円

で損益計算書のみ計上

固定資産の場合は、

カメラ(資産) ○円 現金 ○円

減価償却費 ▲円

と成ります。


3 ● toriyo
●13ポイント

http://www.komatsusanki.co.jp/keiei/taiyounen.html

コマツ産機・プレス機械の耐用年数と減価償却率一覧表

コマツの参考情報ですがデジカメは減価償却費のようです(法定耐用年数は5年)。


4 ● くまっぷす
●13ポイント

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1313017

教えて!goo いきなり経理辞令・・・>< 「必要経費」

よそ様の回答ですが…。

20万以下の場合は一般の減価償却以外に一括償却資産として資産計上できます。


5 ● kinop
●13ポイント

http://sound.jp/

@sound.jp : 無料レンタルサーバー

URLダミーです。

減価償却費だと思います。


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ