人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

中間法人の定款に記載しなければならない事項は何かを知りたい。根拠条文とともに。

●質問者: dda915
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:中間法人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●40ポイント

http://www.ron.gr.jp/law/law/chukan_h.htm#2-1-setsuritsu

中間法人法

第一節 設立


(定款)

第十条 有限責任中間法人を設立するには、その社員になろうとする者が、共同して定款を作成し、各自これに署名しなければならない。

2 前項の定款には、次に掲げる事項を記載しなければならない。

一 第七条第一項第一号及び第二号並びに第二項第一号から第四号までに掲げる事項

二 社員の氏名又は名称及び住所

三 主たる事務所の所在地

四 社員たる資格の得喪に関する規定

五 事業年度

→こちらが絶対的記載事項です。

http://www2.tba.t-com.ne.jp/smoto/07cyukan.htm

中間法人設立

具体的に詳細はこちらのほうが分かりやすいでしょう。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ