人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

政府は1日、米国から北朝鮮のミサイル発射情報が寄せられたのを受け、外務、防衛両省庁を中心に慎重に事実確認を進めた。ただ、小泉純一郎首相と町村信孝外相、大野功統防衛庁長官の担当閣僚がいずれも外遊で国内不在のため、政府としての対応決定は、大型連休明けの6日以降になる見通しだ。とのニュースがありますが、この場合、日本にもし着弾したら、誰がどの時点で有事の発令をするのですか?あとふざけた危機管理だと思いますがどうでしょうか
。ゴールデンウイークを狙えば日本は陥落しますよ。これでは。

●質問者: toitaiki
●カテゴリ:政治・社会 旅行・地域情報
✍キーワード:どうでしょう ゴールデンウイーク ニュース ミサイル 事実
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● tokyo_xjp
●15ポイント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050208-00000005-san-pol

今回のように突発的にミサイルが発射された場合は、防衛庁長官が作成しておく緊急対処要領に基づき、現場の部隊指揮官が迎撃を判断するようですよ。

◎質問者からの返答

外国にいっててもでしょうか。今回、小泉総理は臨時代理を誰にしたのか分かりませんか。多分官房長官だと思いますが。


2 ● kommychan
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1115014332:

北朝鮮の挑発に乗って迎撃しては全面戦争に突入する可能性も否定できないので政府は静観の構えをとっているのでしょう。あくまでマイオピ。

◎質問者からの返答

もしも、日本の領土内に落ちたらどうするのでしょう。静観はいいですが主要閣僚が日本に居ないなんて。


3 ● ShinRai
●15ポイント

http://tbirds.hp.infoseek.co.jp/afone_j.html

元・アメリカ合衆国大統領専用機エアフォースワン Air Force One (VC-137C SAM26000) の機内公開

アメリカの場合、副大統領が留守番するのでしょうか。少なくとも飛行機は別みたいですね。(エアフォース2)


ご意見もっともだと思います。

この時期を狙って、シルクワームの発射をしたのでしょう。


韓国が、「東海」と呼んでいる日本海を、北朝鮮がどう呼んでいるのか知りませんが、ポチャンと北朝鮮の東の海に落ちればそこは「日本海」ですから、マスコミが騒ぐとなんだか不安になりますよね。


でも、あまり心配しすぎないほうがいいと思います。どうせ数十キロの短射程のミサイルですし。


連休を狙って騒ぎを起こすためだけの行動だと思います。気にしない、気にしない。

◎質問者からの返答

いいえ心配はしていません。政治家の姿勢です。恒例行事を(外遊)をバラバラにすべきです。異常だ後思いますよ。


4 ● sami624
●15ポイント

http://www.kantei.go.jp/

首相官邸ホームページ

首相が日本にいなければ、意思決定をしては成らない、という法律はありません。首相をはじめ、閣僚については外出時に、執事がついているため、連絡は可能です。当然国内にいる官邸行為受任者が第一義的に対応策を検討し、受任限度内の行為については、国内の受任者が決済をすればいいのであり、受任限度を超える場合は、決定は首相がすればいいのであり、問題は発生しないでしょう。

民間企業でも、同様の自体が発生したような危機管理スキームは構築されているのであり、首相官邸では構築済であり問題ありません。

◎質問者からの返答

なるほど、でも主管大臣が居ない、且つ日本に帰ってくる様子もない。姿勢がない。海外に対して信用が得られるのでしょうか。


5 ● mmurakushi
●15ポイント

http://www.bk1.co.jp/product/2518807

オンライン書店ビーケーワン 404 ページを表示することができません

『国防』(著者:前防衛庁長官 石場茂)から抜粋します。


????

二〇〇三年に、北朝鮮が日本海に向けて地対艦ミサイルを発射しました

……

しかし、我々は「大したことはない」という判断をしたわけです。

……

ただ我々の評価では「北朝鮮が日本海方向に向けて地対艦ミサイルを発射した」というだけのことでした。要は訓練ですから、そう騒ぐことではない。


実際に弾道ミサイルが日本海に向けて発射されたら、「戦争だ」とまでは言いませんが、「これはかなり脅威の高い情報だ」とは言ったでしょう。

……

軍事についての知識があまり無い人たちからみれば、日本に向けて弾道ミサイルが撃たれたのも、日本海に向けて射程百キロ程度の地対艦ミサイルが発射されたのも、同じ脅威だと思われたのでしょう。よせばいいのに、それにマスコミが飛びついたわけです。

????


石場元防衛庁長官の著書にある2003年の事件と今回の事件は、まったく同じ話です。

この程度の話で大騒ぎしているようでは、北朝鮮に鼻で笑われると思います。


ちなみに、北朝鮮が本気でノドン・テポドンを発射したら、それを防ぐ手段は皆無です。人気のない場所に落ちることを祈るしかありません。

これを防ぐする手段は、弾道ミサイル防衛システムを早急に装備するしかありません。(厳密に言うと、現段階のMDには不備もありますが、今後の改良で改善が期待できます)


それから、GWに北朝鮮が攻撃しても、日本は絶対に陥落しません。

そもそも北朝鮮には、日本に侵攻する渡海能力がありませんし、無防備のまま渡海しても、在日米軍と海上自衛隊で余裕で撃退できます。

それに渡海するにはそれなりの時間がかかりますので、小泉首相が地球の裏側にいても、余裕で連絡が間に合うと思われます。


『国防』は、軍事知識の少ない人にも最新の防衛論議がわかりやすく説明されていますので、一読することを強くオススメします。

◎質問者からの返答

陥落は北朝鮮からとは言えません。中国だって100基ミサイルが日本に向けられています。あと石破が正解です。ありがとうございました。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ