人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

美術館等に行って写真撮影等をするとだめなのでしょうか?美術館にもよると思いますが、だめだとしたらなぜ禁止しているのでしょうか?

●質問者: abank
●カテゴリ:政治・社会 芸術・文化・歴史
✍キーワード:撮影 美術館
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 15/15件

▽最新の回答へ

1 ● yacy
●12ポイント

http://www.union-net.or.jp/cu-cap/flush.htm

?t???b?V???B?e??~

最近では、フラッシュをたかないのなら撮影可、という

美術館も増えましたね。

それでは、フラッシュをたいてはいけない理由。


1つは他の鑑賞者の迷惑になるから。絵画を鑑賞中に

パシャパシャと光っては鬱陶しいというのが理由。

そしてもう1つ、意外と知られていないのが絵画の劣化を防ぐ、

という目的。フラッシュの強い光に含まれる紫外線を受けると

絵画に使われる絵の具などの素材が劣化し、

せっかくの作品がダメになるからだです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。劣化は納得いきますが、著作権とかいわれると「?」となって納得がいかないことがありました。


2 ● TomCat
●12ポイント

http://www.pockyboston.com/midokoro/midokoro.html

?{?X?g??????\?I?????

こちらのページの下の方、

「ボストン美術館での注意」のカコミに

典型的な二つの理由を見ることが出来ます。


ボストン美術館では、

一部著作権の問題があるものは撮影禁止。


その他の作品は原則写真撮影可なのですが、

フラッシュ・ストロボの使用は禁止、

ということになっているんですね。

これは強い光線に作品が曝される事による

影響が懸念されるからです。

http://www006.upp.so-net.ne.jp/asao/italy.htm

404 Not Found

こちらのページの中程には、

イタリアでは一般的に絵画はストロボがなければOK、

彫刻はストロボ撮影もOKのようだ、

といった記述が見られます。

彫刻なら、光線による退色などの心配のないものが

ほとんどですからね。

http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html

?????@

日本の場合は、著作権法第51条の規定によって

作者の没後50年間は著作権が存続しますから、

そうした権利関係の問題で

写真撮影が許可にならない場合が多いようです。


また、古典美術中心のヨーロッパの美術館と違い、

近代美術が多いアメリカの美術館も、

著作権の問題で写真撮影を許可しないケースが

多いようです。

◎質問者からの返答

著作権は個人で使用して創作に生かす分には法律に抵触しないのではないのでしょうか。。

ビデオレンタルなどもそうですし。

ありがとうございます。


3 ● kakkii
●12ポイント

http://fwie3809.hp.infoseek.co.jp/essays/tihiro-azumino/azutimus...

??^????????????????p?????

日本の美術館ではリンク先のような理由で撮影禁止のケースが多いです。


海外では(少なくとも私の行った豪州の美術館は全て)ノンフラッシュ撮影は基本的にし放題のようです。

http://www.geocities.jp/untitled_museum/z6_info-booth_001-010.ht...

アンタイトルド・ミュージアム/逍遥ゾーン/情報ブース(001-010)

やはり著作権と金銭的な問題のようです。

http://www.uzu.info/mybest/archives/2003_10.ja.html

UZU.info

撮影禁止と書いてあればストロボ撮影をされる確立は下がるからかもしれません。日本人の野次馬的行動が美術館での撮影禁止を引き起こしているとは考えられないでしょうか。

◎質問者からの返答

そうですよね。。

携帯のカメラでとったくらいでメクジラ立てられても困りますね。


4 ● marumi
●12ポイント

http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/norway/16/index2.html

JDN /NORWAY 北国からの贈り物 /16-2 What’s happening in Oslo!?

博物館や美術館で写真撮影が不可とされるのは、著作権とかそういう問題よりも寧ろ展示物の保護の意味合いが強いです。フラッシュなんか焚かれると、光によって変質してしまう物も中にはありますから。それで日本の場合、一律で「館内撮影禁止」のところが多いです。スケッチやメモする際にエンピツ以外禁じるのも、万が一ボールペンなどで展示物を汚してしまったら・・・という考えですね。

プレオープンなどの限られた人間しか入っていない状態では、撮影禁止などの制限はなかったり緩和されてたりすると思います(特にマスコミを入れている時は)。だから、かつおさんの写真は特に問題ないと思います(根拠はないですが)。

欧米ではバシバシ写真撮らせてくれるところも多いそうですけどね?。

◎質問者からの返答

日本的な習慣ですね。


5 ● simo00
●12ポイント

http://www.asahi-mullion.com/mullion/column/sobokunaq/50120index...

???p?? ?f?p??N?G?X?`????

禁止しているところは「画像流用を防ぐため」というのが大きな理由のようです。

http://fwie3809.hp.infoseek.co.jp/essays/tomihiromuseum/tomihiro...

?x?O???p?????^??????F?L?c?????G?b?Z?C

こちらによると世界の有名所の美術館は三脚を使用せず、フラッシュをたかなければ写真はOKとあります。

日本の美術館が禁止する理由は絵はがきなどの売り上げが減るからとありますね。

◎質問者からの返答

絵葉書はそもそもあまり売れてないような気が…。


1-5件表示/15件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ