人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

クイズです。

あるとき、東京知事が次のように宣言しました。

「今後は東日本では、円のかわりに東京円を、西日本では大阪円を利用するものとする。
そして交換レートは、東京円1円=大阪円10円とする。
東日本の銀行では、10大阪円を持ってきたら、いつでも1東京円と交換する(逆は不可)」

それを聞いた大阪知事が怒りました。

「なんやて! そんなアホな話、聞いたことあらへん。なんで東京円なんかに負けなあきまへんのや。
よっしゃ、西日本の銀行では、10東京円を持ってきたら、いつでも1大阪円と交換したるでぇー(逆はアカン)」

さて、もしこのような事態が「本当に」発生したら、「現実には」何が起こるのか、
経済学に詳しい方、根拠とともに教えていただけないでしょうか。
素人の推測を聞きたいわけではありません。

昔どこかの本で読んだのですが、本の答え(東京円と大阪円の間に、まったく交流がなくなってしまうに違いない)には、
いまいち納得できなかったので質問しました。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:いまいち アカ クイズ 大阪 東京
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● tokyo_xjp
●10ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

特に経済学に詳しい訳ではない素人ですが、箱根の関を超えたら貨幣価値が10分の1になってしまうのに誰が好き好んでそんなことするのかって話じゃないですか。特に経済云々しなくても、納得いく話だと思うのですが・・・?

◎質問者からの返答

聞きたいのは「そこから先」です。

現 実 に は

「その後、交流がまったくとだえてしまいました、おしまい」

とはならないんじゃないか、と僕には思えるのです。

ですので、すみませんやはり素人ではなく、経済学の素養のある方に、合理的な推測をしていただきたいのですが。


2 ● cvc
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1115488951#

人力検索はてな - クイズです。 あるとき、東京知事が次のように宣言しました。 「今後は東日本では、円のかわりに東京円を、西日本では大阪円を利用するものとする。 そして交換レートは..

経済に詳しいわけではないですが、推測するなら。

交流が続くとすれば、お互いやはりその不都合に窮することになるのだから、「東京円=大阪円」となっていくのが通常だと思います。

ただ、それを無視して推測を押し進めるならば、まずこの理屈は成り立たないことになります。

1ドル100円と仮定したとき、西日本と東日本の両方でアメリカと取引を行うわけですから、どちらかがその価値を10分の1にしなければならなくなるわけです。

東京で1ドルを大阪円に変換しようとすれば、10円にしかならない。大阪で1ドルを東京円にしようとすれば、10円にしかならない。1ドルの価値が土地によって全く変わってしまう。更に続ければ、1ドルを東京で大阪円に替えて、更にその大阪円を東京円に替えようとすると、一円にしかならない。

何故こんな事態が発生するのかと言えば、発案そのものが最初から無理だからです。結果が問題なのではなく、結果に至る過程が問題というわけでもなく、質問自体が「有り得ない」ということでしょうかね。

◎質問者からの返答

cvcさん、ありがとうございます。

僕はそれぞれの通貨発行総額にもよりますが、

ヤミ市場が出来て、徐々に

「東京円=大阪円」に戻っていくのでは、と予想しているのですが、

これは経済学的にいちばん正しそうなのか、

ちょっと聞いてみたかったのですな。

あと少しだけ続けて聞いてみます。


3 ● versailles
●10ポイント

http://www.hogehoge/

東日本人が西日本で商売をした場合、

東日本の銀行に持ち込み、東京円と交換します。


西日本人が東日本で商売をした場合、

東日本の銀行で東京円を大阪円に交換はしません。

価値が下がるからです。


よって大阪円は次第に流通量が減ります。

西日本人の貯蓄はすべて東京円で行われることになり、

大阪円は東日本の銀行に貯まり続けるという現象が起こります。


両者にまったく交流がなくなってしまうというのは、

経済人である東日本の人と西日本の人の交流すらも無くなると

いうことを意味しますので、それはありえません。

(※URLはダミーです)

◎質問者からの返答

むむ?

この議論は「東」と「西」をそっくり入れ替えても

同様に成り立つように思えますが・・・・?

どちらか一方に吸収されるであろう、ってことですか?


4 ● juventino
●20ポイント ベストアンサー

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?u=www.mof.go.jp/f-review/r1...

Yahoo!検索

これはいわゆる「不可逆的な為替レート」と呼ばれるものですね。海外為替相場に対して、東京円と大阪円のどちらが「強い」かによって、結果は変わってきます。


仮に西日本の経済力が海外為替市場で認められ、大阪円が強い、とした場合の西日本側の視点で考えてみましょう。


極端な大阪円高・東京円安なので、東日本への輸出高が減少し、東日本からの輸入高が増大します。投資家レベルでは「大阪円建てでの東日本への直接投資」が増大するでしょう。(参考:URL)


消費者レベルでは、東日本人と、東日本に旅行する西日本人との間で、ヤミ交換レートもあるでしょうが、物々交換による代理的貨幣レートが出来上がるでしょう。


この状況は、旧ソ連ルーブルと西側通貨との関係に似ています。旧ソ連体制下では、ソ連国内での公式レートは1ルーブル=230~240円ぐらいでしたが、西側での1ルーブルは紙同然の価値でした。ソ連への旅行者は、ソ連国内での買い物に必要な最低限の貨幣を公式レートで交換する一方で、例えば「マールボロ1箱=2ルーブルぐらい」のレートでタクシーに乗ることができました。


大阪円が強ければ、東日本は大阪円(=外貨)獲得に必死になるでしょう。「交換レートは・・・とする」と決めている時点で、それは「固定相場制」なので、ヤミレートは違法です。合法的に「徐々に戻る」ことはあり得ないでしょう。東日本は、旧東側国家のような経済体制となることでしょう。

◎質問者からの返答

専門用語ありがとうございます。「不可逆的な為替レート」ですね。

なんか専門家が出てきたっぽくてうれしいです。

すごく面白く読みました。感謝します。


5 ● hken
●20ポイント

http://yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

韓国ウォンと北朝鮮ウォンの関係で考えるのはいかがでしょうか。

北朝鮮ウォンには公定と実勢の両レートがありますが、これは公定レートに比べて、国力・経済力、国家の信用など実勢面で劣ることによるものです。


日本という同じ経済圏にあって、東京円と大阪円の公定レートが異なることになれば、米ドルを基調とし、東京・大阪各々の地域力に依拠した実勢レートが別に発生すると思います。そうなれば、東京円と大阪円の間には直接的には「まったく交流がなくなってしまう」一方、実勢レートによる交流が行われるようになると思います。

◎質問者からの返答

おお、すんなり何の疑問もなく読んでしまいました。

つまり結局はドルを介して(そのうちドルを介する手間も省くようになって)、

実勢レートによる交流が行われるようになる、と思っていいですか?


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ