人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

例えば600万円を個人からお金の出資を受ける場合はどれぐらいを出資者にお金を返せばよいでしょうか?利率と申しますか。20パーセントぐらいでしょうか?

●質問者: rainbowarrows
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:お金 と申します パーセント 出資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/9件

▽最新の回答へ

1 ● kn1967
●18ポイント

http://www.ron.gr.jp/law/law/risoku.htm

利息制限法

出資を借金と捕らえておられるようですので、その場合には利息制限法により法的には年15%が上限となります。

しかしながら、出資ですよね?

だとすれば利益を出資比率に応じて分配する形にすべきですから%を決めておく事は出来ないはずです。


2 ● lefthand
●18ポイント

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1340975

OKWave 友人同士の借金と利息について

上記URLで似たようなご質問が。


民法上年利が5%の利息を請求する権利がありますので、友人との親密さや、友人の裕福度などから考えて、0?5%の範囲でお考えになったら宜しいのではないのでしょうか。

私が友人から借りるんでしたら、しっかり期日を守るのと、それ相応の感謝の品を差し上げるので良いような気がしますが。(そういう関係の方からしか借りない気が..。)


3 ● sami624
●17ポイント

http://www.hanbaishi.com/senmonka/020216b.html

専門家「長期・短期借入金とは」

借入金は一般的に資金使途を明確にし、返済計画・返済原資を貸主に公表し、所定の金利を支払うことで、金銭消費貸借契約を締結します。

http://www.imix.or.jp/mikawa/syussikin.htm

出資金とは

出資金とは、会社等の組織が事業を運営していくための資金であるため、業容を拡大するか、余剰資金による出資金の償却を行う以外、返済ということはありません。そもそも、事業を運営していくための、原資だからです。よって、出資者は出資額に応じて、経営に対する発言権を有し、事業活動により獲得した利益の一部を、配当金として受取る権利があるわけです。出資者に対する配当は、株式会社であれば株主総会で、有限会社であれば社員総会で決定する事項です。


4 ● akaneko0226
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/akaneko

どのような資金かによりますが、最低でも銀行預金以上の金利は必要でしょう。

それにその資金によりどのくらいの利益が出るかによりますが、必要経費を除いて上限でも15%くらいではないでしょうか?

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ