人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

雇用保険と所得税について質問です。先日、弊社の新入社員の雇用保険の手続きを行いました。加入日は4月1日です。しかし、その従業員の給与を4,5月分はすでに支給しています。雇用保険2か月分は翌月の給与から一括して引き落としすればいいのだと思いますが、4,5月の所得税の金額も変わってくる場合、どのように処理すればいいのでしょうか?また、5月20日までに年間保険料の概算支払をすると聞きましたが、こちらは4月〜3月までの支給分として算出すればいいのでしょうか?弊社の場合は4,5月はすでに支給しているので6月〜3月の見込額を出して4,5月に加算すればいいのでしょうか?

●質問者: okunyan
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:3月 4月 4月1日 5月 5月20日
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● sami624
●25ポイント

http://www.taxanser.nta.go.jp/2505.htm

●源泉所得税の納付期限と納期の特例

一般的には翌月支払ですが、

http://www.taxanser.nta.go.jp/2665.htm

●年末調整の対象となる人

年末調整で調整が可能です。

→所得税の場合

◎質問者からの返答

雇用保険の年間保険料の概算支払の件についてもよろしくお願いします。


2 ● YUYUKOALA
●25ポイント

http://www.roudoukyoku.go.jp/topics/2005/20050329-koshin/hoken/i...

労働保険年度更新では、

その「年度」に支払う見込賃金額を基に概算保険料を申告・納付するものなので、

見込賃金額は「4月1日から翌年3月31日まで」の金額を基に算出します。

「見込」で構わないのですが、賃金額が確定しているのであれば、その金額を用いても構わないでしょう。

なぜなら、翌年の年度更新の際に確定保険料を算定して精算をするので、

トータルの支払保険料はどちらも同じになるからです。


なお、所得税の額が変動したとしても

雇用保険料は手取前の賃金額で計算するので

従業員の雇用保険料には影響ありません。

(賃金が変動する場合は当然保険料も変動します)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ