人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

人民元切り上げ報道の背景

●質問者: youkan_ni_ocha
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:人民元 報道
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● toriyo
●20ポイント

http://www.tbs.co.jp/newsi_sp/keyword/030728.html

$B@$3&$rFI$_2r$/%-!<%o!<%I(J

伊藤洋一氏の過去のレポートから。

視点がずれていればノーポイントで。

◎質問者からの返答

ざっと読んて、質問を変えるべきかまよったんですが、、、今回の報道は、アメリカの圧力によるものか、それとも、中国そのものの問題からきてるのか、、という所が、わかれば、うれしいですね。

意見でも、うんちくでも結構です。


2 ● Baku7770
●40ポイント

http://www.daiwa-am.co.jp/market-information/china/200412.pdf

これは大和證券

http://www.marubeni.co.jp/research/3_pl_ec_world_pdf/041209imamu...

HOME Marubeni Corporation

丸紅の経済研

http://www3.keizaireport.com/jump.cfm/-/ReportID=26054/

人民元と中国経済の行方 - 経済レポート専門NEWサイト

これは上記URLを検索したサイトのURLです。


中国も秘密主義的な要素があるのではっきり分らないことが多いので推測ですが。


米国の圧力が1?2割、国際経済との協調に限界を感じて2?3割残りが国内経済事情でしょう。


海外からの投資を期待する場合、今の中国はデフレ傾向にありますから投資はしたくないですね。

◎質問者からの返答

をを、、、ありがとうございます。


3 ● Baku7770
●60ポイント

http://www.scbri.jp/PDFnaigaikeizai/scb79h17y01.pdf

http://www.shinko-ri.co.jp/keizai/macro/az/050502_asia_china.pdf

先程回答した者です。どちらかというとこちらの方がお奨めです。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。


4 ● morningrain
●100ポイント

http://www.triltd.co.jp/japanese/iima_topics/topics_kiji/01_topi...

上記URLに


中国は、本年第一四半期の間に更に約500億米ドルの外貨準備を積み増し、外貨準備は3月末現在で6590億米ドルに達している。しかし、人民元売り/米ドル買いの為替市場介入に伴ってもたらされる人民元資金の流動性を金融市場より吸収する「不胎化」注1は、中国の場合既に限界に達していると思われる。中国では、金利自由化がまだ十分に進められておらず金融市場整備も道半ばでありインターバンク市場の厚みも十分でない。人民銀行による公開市場操作で流動性を吸収するのは容易でない。結果として相当の流動性が中国に流入している。これは金利や流動性のコントロール以外の例えば業種毎の信用割当といった行政手段(administrative measure)で対処する他ないが、むろん限界がある。

その意味で、中国としては、実際には通貨制度にもっと早い段階で手を加えておきたかったというのが本音だろう。


とあるように、人民元の切り上げというのは中国側にとっては避けて通れないものであり、近い将来必ずなされるものだと思います。

ただ、同じページに「中国は、外圧に屈した形で人民元の通貨制度を見直すことは回避したいだろう」とあるように、アメリカからの圧力で人民元を切り上げるという形は避けたいのだと思います。中国は人民元切り上げのタイミングを計っている最中であり、今回の報道は一種の「観測気球」ではないか?と詮索したくもなるところです。

http://www.doblog.com/weblog/myblog/31550/1352975#1352975

Doblog - いちカイにヤリ 投資立国(ロシア株、インド株、中国株、ブラジル株、ADR、BRICs) -

こちらはそういった観点で書かれているBlogです。

◎質問者からの返答

まいりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ