人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【週末起業】が流行してから実際にされている方も増えたかと思いますが、週末起業で法人をつくった方は、平日、所属している会社と2つの法人に所属することになると思います。その場合、税金や、保険などは、どのように調整するのでしょうか?

●質問者: ビギン
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:会社 保険 法人 流行 税金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● stnet
●25ポイント

http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/members/COLUMN/20030124/102589/

確定申告が必要になります

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

他にもあれば、よろしくお願い致します。


2 ● morningrain
●25ポイント

http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/free/COLUMNTOP/20020618/101453/

こちらのBlogが参考になると思います。

http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/members/COLUMN/20030110/102520/

特にこちらの確定申告についてのエントリーや

http://smallbiz.nikkeibp.co.jp/members/COLUMN/20030418/103055/

勤め先とのトラブル回避についてのエントリーなどが参考になるのではないのでしょうか?

◎質問者からの返答

ありがとうございます!!


3 ● うるるん
●25ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1116325357##

人力検索はてな - 【週末起業】が流行してから実際にされている方も増えたかと思いますが、週末起業で法人をつくった方は、平日、所属している会社と2つの法人に所属することになると思いま..

週末起業を開始されたからと言って、いきなり法人成りにする必要もないかと存じます。

一般的には個人事業のレベルでお考えになられれば良く、年間収入が20万以下なら年末調整程度でも済んでしまいます。


いずれにせよ、事業を開始するときには税務署に開業届けを提出することになりますので、お住まいを管轄している税務署(お住まいになっている市区町村のHPで確認出来ます)に出向かれると良いかと思います。


保険、年金などは副業の年間収入が高くなってきてから考えれば良い事ですが、それらが心配になるという事は起業もそれなりに安定化している事の証でもあるので、青色申告なども同時にお考えになられると良いでしょう。それらの事は税務署や青色申告会さんなどで聞くと良いと思いますよ。

◎質問者からの返答

アドバイスありがとうございます!!


4 ● keibabiboroku
●25ポイント

http://fukugyoulife.fc2web.com/tishiki1.html

サラリーマンの副業LIFE(サラリーマンの副業と税金)

確定申告をして調整するのでは。

会社の天引きのものは、そのままにしておいて、住民税部分を別途納付するという方法です。副業等の収入が20万円を超えると、確定申告をしなければならないので、

私はそれが嫌で、アルバイトでの収入を、年20万円以下になるよう調整しようと心がけています。

◎質問者からの返答

なるほど。ありがとうございます。


5 ● ZZR250com
●25ポイント

http://www.eonet.ne.jp/~matuura/getsugaku_zeigakuhyo.html

給与の源泉徴収税額表(月額表)

日常勤務をA社、週末に社長として役員報酬をもらうほうをB社とすると、A社ではこのURLの「甲」欄で源泉徴収されます。そしてB社では「乙」欄で源泉徴収しなければなりません。

http://www.nta.go.jp/category/yousiki/gensen/pdf/1648_11.pdf

B社は「ウチの会社は給料を支払ってる事務所ですよ」という届出を出さなければなりません

http://www.nta.go.jp/category/kakutei/youshiki/pdf/01.pdf

そして、2社の給与を合算して所得税の確定申告をしなければなりません

◎質問者からの返答

詳しくありがとうございます!!


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ