人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

日本人は光よりも影を好む。
なぜ影に詩的な感情をもち、親しまれてきたのですか?

●質問者: blackart
●カテゴリ:芸術・文化・歴史 生活
✍キーワード:感情 日本人
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● torihamuhamu
●15ポイント

http://augacaliente.hp.infoseek.co.jp/20020813.htm

???i?A?j????z?i?z?j

日本人が奥ゆかしさを美徳としてきたからではないでしょうか。

さんさんと輝く光よりも、奥ゆかしい影を好んだのではないかと思います。


2 ● kurupira
●15ポイント

http://toriyamac.hp.infoseek.co.jp/

激安・格安パソコン!お得ネット

憶測ですが、光と影は陰と陽に例えられ、影は陰に例えられます。

そうなると光と影は動と静にも例えられます。

影は静に例えられます。

日本のイメージは和のイメージで動と静でいえば静なので

日本に合ってるということで親しまれてきたのではないでしょうか。


3 ● くいっぱ
●14ポイント

http://mandalaya.com/komyo.html

?????????

無明光明・・・?

光があるから影ができるのか、

影があるから光を認識できるのか。

物事を捉える側面はいろいろあると思いますが、日本の場合、様式美として、花は散るから儚い期間、咲き誇る様が美しいとする美的感覚がありました。

http://www4.ocn.ne.jp/~koan/e006.html

幽玄

世阿弥や藤原時代に幽玄など言葉とともに儚さに情緒を感じることをよしとすることが確立したのだと思います。


なぜ、それが受け入れられたかといえば、やはり、農耕民族で、一年の間に育てた作物が枯れるというサイクルを身近に感じ、西洋などの石の文化と異なり、その時間(明るい時間と暗い時間)の繰り返しを儚さとより結び付けて身近に捕らえる事ができたためなんじゃないかと…勝手に思いましたとさ。


4 ● take4xp
●14ポイント

http://www.excite.co.jp/dictionary/japanese/?search=%E3%81%8A%E3...

Excite エキサイト 辞書 : 国語辞典 : おくゆかしい

個人的な意見としては、

光と影における関係があると思います。

1つに、光あるのは武家の世界で言うところの殿様に当たり、それ以外は影のような存在であることが、美徳である風土が存在していたためと思われます。

そのことは、陰日なたになり、見守るを代表?にすると、影がやはり先に来るところを見ても、日本人の気質で目立たない=影が美徳にしていたのでは、考えます。


あくまでも、個人的な意見ですが、、。


5 ● kanaboo
●14ポイント

http://search-kids.yahoo.co.jp/bin/search?p=%B5%A4%B8%F5%A1%A1%C...

Yahoo!きっず - 気候 世界の検索結果

ます第一に、日本に関わらず芸術家の作風には、その環境が大きく関与してきます。

例えばゴーギャンが南洋の強い光と影を好みタヒチやヒヴァ・オア島に移り住んだように。日本のミュージシャンがかわいた音を求めて海外でレコーディングするように。


日本の気候はどうでしょう?まず陽光が弱い。つまり日光の主張が弱く、したがって影もやわらかく(闇夜は別として)馴染みやすい。


そして湿度が高い。それらを考えて建てられた建造物がさらに淡い影の範囲を広くしている。

夏場などは、日中よりも日の落ちかけた夕方のほうが涼しくすごしやすい。

そういった環境で生活しているうちに、自然と影に意識が向いていったのも自然な事だったと考えられます。


余談ですが、浮世絵的な日本独特の輪郭の描線(現在では漫画やジャパ二メーションなどの線画)が育まれたのも、日本の気候風土で育まれた色彩文化の、コントラストの弱さを補完する為だったのではないでしょうか?

http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?p=%b1%a2%cd%db&stype=0

Yahoo!辞書 - すべての辞書 - 陰陽

第二の答えはkurupiraさんの意見に同じです。


以上、どちらも私的憶測です。


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ