人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

ネームサーバに関してです。自前でネームサーバns.xxx.jpを立ち上げ、yyy.jpの
プライマリとする場合の質問です。

現在、既にwww.xxx.jpは共用レンタルサーバで運用中でして、
xxx.jpのWHOISのネームサーバは、そのレンタルサーバのns1.zzz.jp、ns2.zzz.jpとなっています。
www.xxx.jpはHPやメールはそのまま運用しようかなと思っていて、尚且つ
自前サーバにて、ネームサーバns.xxx.jpだけ立ち上げ、yyy.jpのゾーン権限を持たせる
というようなことは可能でしょうか。

言い換えれば、ns.xxx.jpをレジストリにホスト登録する場合、
WHOISでのxxx.jpのネームサーバはns.xxx.jpとし、
ns.xxx.jpにxxx.jp自身のゾーン情報を持っていなければならないのか、
という疑問です。

xxx.jpの名前解決ではns1.zzz.jp、ns2.zzz.jpを検索し、
yyy.jpの名前解決ではns.xxx.jpを検索し?、ns1.zzz.jpやns2.zzz.jpは検索しない?
ので、変なことは起こらないのではと(微妙な知識で)思ったりするのですが。。。

やり方が云々ではなく、あくまで技術的に問題ないのかが知りたいです。

●質問者: kyoko55
●カテゴリ:ウェブ制作
✍キーワード:.jp Hp whois WWW はと
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● virtual
●30ポイント

http://jprs.jp/tech/notice/2003-05-20-dnsqc-lame-delegation.html

DNS$B$N7rA4$J1?MQ$N$?$a$K(B $B!A(BLame Delegation$BJT!A(B

DNSの設定がきちんとできているという条件であれば技術的には問題はありません。

http://jprs.jp/tech/material/IW2003-DNS-DAY-secure-dns-minda.pdf

http://jprs.jp/tech/material/IW2002-DNS-DAY-morishita.pdf

◎質問者からの返答

参考URLをじっくり見てみると、、、

自分でDNSを運用するなら、きちんとした設定を

する責任を負う、ということですね。

(まだまだ自分には無理かな。。。)

CNAMEを使わないやり方など、今後、参考になりそうです。


2 ● virtual
●30ポイント

http://jprs.jp/tech/index.html

JPRS DNS $B4XO"5;=Q>pJs(B

すみません質問を読み違えていました。


>言い換えれば、ns.xxx.jpをレジストリにホスト登録する場合、

>WHOISでのxxx.jpのネームサーバはns.xxx.jpとし、

>ns.xxx.jpにxxx.jp自身のゾーン情報を持っていなければならないのか、

>という疑問です。


whoisでxxx.jpのDNSをns.xxx.jpとした場合、www.xxx.jpの情報を

ns.xxx.jpが持っていない限りレンタルサーバーへのアクセスは不可

になります。なぜならns1.zzz.jpやns2.zzz.jpにwww.xxx.jpの情報が

あるということを誰も知らなくなるからです。


今のままns1.zzz.jpとns2.zzz.jpをxxx.jpのDNSとして運用しつつ

ns1.xxx.jpにDNSを立ててyyy.jpのDNSを運用することは可能です。

但し、ns1.zzz.jpとns2.zzz.jpにns.xxx.jpの設定が必要だということです。

つまり、あくまでもxxx.jpはns1.zzz.jpとns2.zzz.jpにゾーン権限を委譲して

いるからです。


あるいは、ns1.zzz.jpとns2.zzz.jpに持っているxxx.jpのゾーン情報を

そのままns.xxx.jpに持たせてxxx.jpのゾーン権限をns.xxx.jp自身に

持たせてしまうか、です。


あるドメインの検索はあくまでもwhoisで指定されているDNSを

検索に行くのでns.xxx.jpの情報を持っているDNSは誰なのかが

肝になります。

◎質問者からの返答

> あるいは、ns1.zzz.jpとns2.zzz.jpに持っているxxx.jpのゾーン情報を

> そのままns.xxx.jpに持たせてxxx.jpのゾーン権限をns.xxx.jp自身に

> 持たせてしまうか、です。

そうですよね。複雑に考える必要ありませんものね。

最終的にはwww.xxx.jpをレンサバから撤退して自サバへ引っ越そうかと計画中で、

疑問を解決&スキルアップのために色々知っておきたいなあ、と。

yyy.jpの名前解決は

yyy.jpのDNSがns.xxx.jpで、そのドメインがxxx.jpだから

xxx.jpのDNSであるns1.zzz.jp(ns2.zzz.jp)を見に行くが、

ns1.zzz.jpにns.xxx.jpの設定がなければ(私の質問の内容そのままでは)

解決できない、ということになるんでしょうかね。

JPRSにホスト登録するときは、ホストとそのIPアドレスを登録するようなので

「ns.xxx.jp ⇔ IP」

の情報をJPRSは所持することになって、

yyy.jpの検索時、xxx.jpのゾーンを飛び越えるのか、などと想像したりしていました。

でも、その場合、権限委譲とかを無視しているような気がするな、と。

さらに、virtual様がおっしゃるとおり、

> ns.xxx.jpの情報を持っているDNSは誰なのか

は、JPRS以外は持っていないことになるし、変だなと。

その辺りのアドバイス、お待ちしております。


3 ● chatoraneko
●30ポイント

可能です。

そもそもネームサーバというのは

1つのドメインのみを受け持つものではないので

複数の異なったドメインを収容できます。


可能と書きましたが正しくは

yyy.jpにもns1.yyy.jp ns2.yyy.jpを追加する必要はあります。

そしてレジストラにはns1.yyy.jp ns2.yyy.jpを登録するのが正しいです。

これは古いbind(ネームサーバのソフトウェア)が

こうしないと名前解決できないためです。

◎質問者からの返答

> yyy.jpにもns1.yyy.jp ns2.yyy.jpを追加する必要はあります。

> そしてレジストラにはns1.yyy.jp ns2.yyy.jpを登録するのが正しいです。

ということは、ドメインyyy.jpのDNSはns.xxx.jp、ns1.yyy.jp、ns2.yyy.jpのようになるという意味でしょうか。

そもそも、「WHOISへの、あるドメインに対するプライマリ・セカンダリDNSの追加・編集」の他に

自前のDNSを立ち上げる時に必要(絶対?)なJPRSへの、「DNSホストとIPアドレスの対」の登録は

なぜ必要なのでしょうか。

JPRSにns.xxx.jpをホスト登録しなくても、(私の質問の例では)

yyy.jpのDNSがns.xxx.jpで、そのドメインがxxx.jpだから

xxx.jpのDNSであるns1.zzz.jp(ns2.zzz.jp)を見に行き、

その中のxxx.jpゾーンの中でns.xxx.jpに対するNSレコードが(追加できたとして)存在すれば、

(その情報が「JPRSへのホスト登録」の代わりになって)ホストns.xxx.jpのIPアドレスが分かり、

その中のyyy.jpゾーン情報で名前解決できるのではないのかなと。

検討違いな事を言っていたら、ご指摘ください。

追記:皆さんありがとうございました。

「いわし」に追加のコメントを掲載しておきます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ