人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

明治時代の大日本帝国憲法制定に大きな役割を果たしたドイツ人学者ロエスレル(Hermann Roesler、1834年 -1894年 )の人柄が分かるエピソードを探しています。


彼は当時カソリックに改宗したため
ドイツを追われるように来日。
憲法草案に関わるとともに
獨逸学協会学校(獨協大学の前身)で
教壇にも立っています。

「ロエスレルって、こんなに
いい人だったんだ」と思える
グッとくるエピソードを期待しています。


憲法草案等の史料は不要です。

●質問者: futurewords
●カテゴリ:学習・教育 政治・社会
✍キーワード:1834年 1894年 カソリック スレ ドイツ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● 1500曲を突破♪
●40ポイント

http://rokugou.cside.com/sub327hantihankai.htm

信仰のことで大学人として迫害されていたようです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

このサイトはチェックしました。

獨協ではどんな教えぶりだったとか、

こんな感動話があるとかっていうものは

ネットで検索は不可能なのでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ