人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile


●質問者: Yhiroro180
●カテゴリ:学習・教育 科学・統計資料
✍キーワード:アイデア サイト スポーツ 乳酸 学校
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

6 ● きょくせん
●100ポイント

http://www001.upp.so-net.ne.jp/suzudo/alife.html

?l?H??????????H

補足です。

数理生物学が扱う分野の一つ『人工生命』です。これはコンピュータ上で生物の進化モデルを走らせると言うのが主と考えていいのかなぁ、とも。

http://www.aikis.or.jp/~kumagusu/workshop/nara-wu/3_myxomycetes....

?????F????w??|???O???E?F????S??

古典生物学は『博物学』より発展してきたものもありますので、そう言った歴史をみて見るというのもあります。学究分野としては『科学技術史』です。

http://www.brh.co.jp/index.html

JT生命誌研究館

『生物誌』は生物と言う存在に対して様々なアプローチを試みると言う分野です。


そもそもすべての学究分野が『哲学』を起点として始まっていますので、実際は生物を見ようとすれば国語や宗教(歴史)、芸術等々も混成していかなければ説明が出来ないというのもあります。


質問趣旨と外れますが、『生物誌』と言うものの考え方に触れると言うのも手ではないかと。人生を扱う文学も、人々の営みを記した歴史も、湖が森になっていくと言う地理学もすべては生物と言うものが存在してこそありえる話で、それに疑問を持つ人間そのものが生物ですから。

http://www.umi.muse-tokai.jp/exhibit/perm/1995/mechqua/index.htm...

機械水族館部門常設展示

『メカニマル』という、生物の動態を真似て作ったロボットと言うのもあります。これは教材と言うか、学研から幾つかそう言った組み立て式ロボットも出てますのでそれも教材に使えるかもです。

◎質問者からの返答

生命誌研究館ホームページには何かヒントがありそうな気がします。ゆっくり見てみます。


6-6件表示/6件
4.前5件|次の5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ