人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

健康診断等で総コレステロール値が低いと判断された方はいらっしゃいますか?いらっしゃったら具体的な値と再検査の結果を教えていただきたいです。もしくは、どの程度の値なら病院で詳しい血液検査(善玉、悪玉の比率等)をしてもらった方がいいのか、具体的な数値をご存知の方がいたら教えて欲しいです。

職場では最低限の健康診断しかなく(貧血が分かる程度)、まだ若い(26)ということもあって、半年に1度程度献血をして自分の血液状態を見ることしかしていません。総コレルテロール値が前回97、今回104でした。それ以外の数値はGOTなどの肝機能を示す数値が標準値ぎりぎりな程度で、他は問題ありません。
数年前までは120ぐらいはあったコレステロール値が、ここ1年半ほど100前後をいったりきたりしています。献血できないほど低くないので大丈夫かなとは思いつつも、低いと「白血病、リンパ腫、鬱病」になる可能性が高くなり、疲れやすいと教えられ、具体的に調べてもらった方がいいのか少し気になっています。体型は決して細くありません(平均より5キロオーバー・・・)。栄養が足りていないとは考えにくいのですが・・・。

●質問者: nonfickle
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:オーバー キロ コレステロール コレル テロ
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● tanpopo8305
●30ポイント

http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec12/ch157/ch157b.html

メルクマニュアル家庭版, 高リポタンパク血症 157 章 コレステロールの異常

一般的に、総コレステロール値が低いことは、高いよりも望ましいことだと考えられています。しかし、低すぎても健康的とはいえません(コレステロールの異常: 低リポタンパク血症を参照)。成人の場合は、200mg/dL未満の総コレステロール値が望ましいとされています。中国や日本など、平均コレステロール値が150mg/dL程度の一部の国では、米国などより冠動脈疾患が少なくなっています。総コレステロール値が300mg/dL近くになると、心臓発作のリスクは2倍以上になります。.


総コレステロール値は、アテローム動脈硬化になるリスクを示す大まかな指標でしかありません。総コレステロール値よりもその中身である、特にLDLおよびHDLコレステロール値の方が重要です。LDL(悪玉)コレステロール値が高いとリスクが高まります。HDL(善玉)コレステロール値が高いとリスクは低下しますが、40mg/dL未満まで極端に低い値になると、リスクが高まります。100mg/dL未満のLDLコレステロール値が望ましいとされています。

◎質問者からの返答

私の場合、総数から考えてLDL(悪玉)コレステロール値が超していることはないでしょうが、HDL(善玉)コレステロール値が少なすぎる可能性が高いわけですね。参考になりました。

うーん、先ほど過去の結果を探してみたら、H15.8時点で133あったのがH16.1で115、H16.9で104まで下がり、その後97、104と100前後・・・。

具体的に調べてもらうべきなのか・・でも、自覚症状がないのでわざわざ病院行くのは恥ずかしいような・・・。


2 ● miminga
●30ポイント

http://www.ukiuki.jp/sw4_stylish/index.html

おしゃれ水着 女性用水着・男性用水着(サイズ豊富3L・4L・5Lまで)・水泳帽子・ゴーグル・体型補正インナー/水着で元気工房【うきうき屋】

※URLは直接関係ありません。


ワタクシもコルステロール値が低いのでいつも「経過観察」扱いになります。今職場なので詳しい資料は手元にないのですが、過日会社の健康診断の結果を持ってかかりつけ医にいったところわかりやすく説明してくれました。

以下医者の言葉の要約です。

「コルステロール値が高いよりは低い方がマシです。それでいわゆる善玉コルステロール値が低いのは若いウチはあんまり問題ありませんが、中年以降になると気をつけなければなりません。なぜかというと善玉コルステロール値も年と共に高くなってきます。すると比例してに悪玉といわれるコルステロール値も高くなってくるからです。善玉と悪玉の両方のバランスが取れている方が悪玉の悪さを抑えるコトができるのです。善玉コルステロール値を上げるには、食生活をほどほどに気をつけつつ体を動かすことをお勧めします。」


とのことです。

何かのお役に立ちましたら幸いです。


検診結果をもって

かかりつけ医に行くのが安心ではないでしょうか?

前に検診で心電図に「?」がついたときもすぐにかかりつけ医で再検査してくれました。結果、「ぜんぜん問題なし。」で、心電図の読み方まで教わりました。(もう忘れましたが)


どうぞお大事に。

◎質問者からの返答

「経過観察」ですか。下げる薬はあっても上げる薬はないですものね・・。

私の職場では血液検査も最低限のもので、コレステロール値などは出ないんです(苦笑)赤血球や白血球の数ぐらいで「貧血」かどうかが分かる程度。かかりつけ医もいません。

献血(成分や400)をすると、コレステロール値が出てくるので自分の値が低いということは分かっていたのですが、「低けりゃいいだろう〜」と思っていたので、低すぎるのも問題だとははじめて知りました。バランスが重要なのですね。やはり、一度内科にいって調べてもらうことにします。

(先ほどの回答者の方が教えてくれたページに、「総コレステロール値が120mg/dL未満の場合には詳しい検査が必要」と記載されていてびっくりしました!献血のデータでは特に何も記載されていなかったし、毎回問題なく献血できていたので、まさか問題があるとは・・・。)

具体的な数値があると嬉しいですが、参考になりました。有難うございます(^-^)


3 ● minyakichu
●30ポイント

http://www.ne.jp/asahi/mikio/goto/0006SEframe.html

私も毎年の健康診断でコレステロールが低く要観察です.

悪玉は人並み+善玉が低い=総コレステロールが低い

です.(具体的数値は自宅に行かないとわからないので・・)


ここのリンクは低脂血症の家系にちついての発表されたもののようです.

スライド2の数値を参考にされてはいかがでしょうか.

http://www.nstimes.info/01-2003/special_report.htm

低コレステロール、死亡率、ガン、脳卒中

コレステロールが少ないと細胞膜の形成が弱く

なるとのこと.

TV番組でコレステロールについて放送があったっとき、「低コレステロールの人は採血するときに血管に弾力が無い」という表現をされていた看護士のかたがいらっしゃいました.

なんとなくそんなニュアンス.

http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000754.html

体にはどう作用する?〜体とアルコールの関係 -healthクリック

善玉を増やすには、適度な定期的運動と飲酒です.


年齢とともに善玉が減少したのは、運動不足が考えられませんか?

◎質問者からの返答

1つ目のページは大変参考になりました。

(具体的に調べたページがあることは知りませんでした)

私の場合、運動も飲酒も全くです。昔からなので、特別変化しているわけではありませんが、長年の運動不足、飲酒なしが影響している可能性はあるかと思います。

この後、回答してくださる方は「具体的な数値が乗っているページ」か、「ご自分もコレステロール値が低くて再検査になったことがある方でどの程度の数値だったかを教えてくれる方」など、具体的に教えてくれる方だと嬉しいです。


4 ● eisukesama
●20ポイント

http://www.pref.gunma.jp/c/01/hofuku/nakanojo/kurasi/choleste.ht...

具体的な数値ははかりませんが、ガンや脳卒中になる確率が高いようです。

気にしているのなら、一度内分泌を受診してみてはいかかでしょうか?

◎質問者からの返答

専門的なページを有難うございました。

「低コレステロール血症(150mg/dl以下) 」はびっくりでした。

とりあえず120以下は詳しい検査が必要ということが分かりましたので、先ほど早速近くの内科に行って採血してもらいました。

問診の結果、やはり要検査とのことで、とりあえず結果が出るまでドキドキです。

20代の平均値ってどこにも載っていないですよね。私のように100以下の人っていないのかな・・・(苦笑)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ