人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

補償コンサル等の場合
公共事業の入札に参加するとき指名願いを提出します。役所はその決算書などを見て指名の一つの判断の基準にすると思いますが、赤字法人は、指名されないのでしょうか?
今年度は、あえて黒字化させたのですが・・・

●質問者: RX7FD3S
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:コンサル 公共事業 決算 法人 補償
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● a787772913
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1117118355#

人力検索はてな - 補償コンサル等の場合 公共事業の入札に参加するとき指名願いを提出します。役所はその決算書などを見て指名の一つの判断の基準にすると思いますが、赤字法人は、指名され..

実際にモノを造ることではないので大丈夫だとおもいますが。

大体、お役所産業は実績を最重要視しますので、判断基準になるか、ならないかと言えば、なるにはあてはまると思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。参考になりました。


2 ● ぽーるすたー
●20ポイント

http://j-expert.com/001doc/j-1.html

??????

コンサルなら広域に、建設ならローカルに・・・

と、色々ありますが、別に決算で指名を判断することは大変まれなケースだと思います(マスコミ報道や粉飾決算の噴出等)

決算書も必須提出物ですが、工事実績書が最も重要視しているでしょうね。

「あ、あの自治体のあの事業をやっている」と。その点では決算を重視せず、しっかり落札して実績をつくってくださいね。

◎質問者からの返答

そうなんですね。

ありがとうございます。参考になりました。


3 ● sami624
●20ポイント

http://www.pref.shimane.jp/section/kanri/youkou/sentei_youryou_i...

こちらは島根県の選定基準ですが、大体何処も同様です。

経営状況が好ましくない企業という評価を受けざるを得ません。よって選定基準の1項目を捨てることとなるため、対象から除外される可能性が高くなるということです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。とても参考になりました。


4 ● inagaki_hisato
●50ポイント

http://www.skr.mlit.go.jp/pres/h16backnum/soumu/050114/nyuusatu_...

指名審査の判断基準に赤字法人を除外するかどうかはいろいろ考え方があって省庁・都道府県・市町村それぞれ違いがあるので、一発回答は難しいですが、赤字の中身が問題になる可能性はあります。

たとえば、債務超過状態で資産が差押や競売にかけられそうな状態の場合最悪業務が停止してしまうこともあるわけで、落札できても事業を完遂できないと判断できるので、指名されない可能性はあります。

また、指名審査の基準の中に納税しているかどうかという項目を持っているケースもあるので、法人市民税や固定資産税など赤字でも課せられる税金の滞納があればダメという場合もあるでしょう。

結局はその事業がきちんと完遂できるかどうかがポイントなので、その事業で行う業務の経験・実績があれば赤字でも問題無いはずです。ただ、見積価格が高額な場合保証人(倒産状態等業務継続が困難になった場合代理で施行してくれる別業者を保証人にする制度)を設定するケースであれば、保証人に信用力があればOKかも知れません。

今はその手の基準を公開している例も多いので、入札に参加を希望する公共事業者に対して個人の資格で情報開示請求するなり、説明資料の提供を求めたりして直接確認することもできるのでは?

◎質問者からの返答

ありがとうございます。大変参考になりました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ