人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

今年4月から始まった日本の卸電力取引市場について、概要・問題点等を説明して下さい。当方市場取引については全く知識がありませんので、出来るだけわかるようにお願いいたします。Webページも示してくださると嬉しいです。
ちなみに投資は検討していません。あくまで、その概要を知りたいのです。

●質問者: SNMR
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:4月 Web 問題点 市場 投資
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● morningrain
●20ポイント

http://www.happy-netclub.com/html/real/a/2/1/a0201015.html

卸売り電力取引市場についてはこちらのページの次の記述がわかりやすいのではないでしょうか?


( 1) 全国規模の卸電力取引市場


* PPS(特定規模電気事業者)とは、「ダイヤモンドパワー(三菱商事)」等、工場の自家発電の余剰電力を調達し電気の小売を行う事業者や「大手都市ガス会社」等が発電所を建設し電気の小売を行う事業者のことです。

* これらのPPSが、余剰電力の調達や自前の発電所による電力のほかに電力を更に調達しやくするために「卸電力取引所」が発足することになりました。卸電力取引所のイメージは、電力会社や自家発電保有者が余剰電力を取引所に出し、PPSが取引所から電力を調達します。

* 卸電力取引所は、「先渡し市場」と「1日前のスポット市場」の2銘柄でスタートします。PPSが卸電力取引所を利用するパターンは、PPSが電気を小売する需要家に対して、自社の電力調達量が不足することが分かっている場合や需要家の電力使用パーターンで不足する期間が分かっている場合に「先渡し市場」から調達。さらに、需要家に対する翌日の電力不足に対しては「1日前のスポット市場」で調達するような運用が出来るといわれています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

わからない用語だらけでしたが、理解できるようになりました。

もう少し回答を待ちたいと思います。


2 ● manebe18
●20ポイント

http://www.jpower.co.jp/company_info/rd/index.html

J POWER | 電源開発株式会社 | 企業情報 | 技術開発

電力市場はおよそ30億円程度と見込まれていますが、問題は蓄積できない点です。

電源開発などは、東京電力と共同で研究開発し、2007年には市場間取引を始めるとのことと聞いたことがあります。

何とか、現状石油会社とも共同で研究開発し2007年の電力卸市場参入に前向きになっているようですが、例えば楽天なども検討段階に入っているとのことです。なぜだか分りませんが金属の何とか言う物質だったかと思います。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● sami624
●20ポイント

http://www.meti.go.jp/policy/electricpower_partialliberalization...

こちらは図解がありわかりやすいのではないでしょうか。

http://www.enecho.meti.go.jp/policy/electric/electricpower_parti...

http://www.enecho.meti.go.jp/policy/electric/electricpower_parti...

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

十分な回答が得られたと思いますので、終了させていただきます。ありがとうございました。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ