人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

国民年金の全額免除手続きは、毎年何月何日からですか?手続きに必要な持参物や条件も知りたいです。あと、若年者納付猶予制度とは何ですか?これは、全額免除とは違うのでしょうか?よろしくお願いします

●質問者: comoberu
●カテゴリ:政治・社会 生活
✍キーワード:制度 国民年金
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● you13x
●18ポイント

http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm

社会保険庁:国民年金保険料の全額免除制度、一部納付(免除)制度、若年者納付猶予制度

全額免除と若年者猶予について。また学生の免除もあります。

http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index.htm#3

社会保険庁:相談窓口一覧

持参物。こちらからご自分の社会保険事務所に問い合わせたらどうでしょうか


2 ● koro041220
●18ポイント

http://www.city.ichihara.chiba.jp/p/b/4/p_b_40.htm#02

免除手続はいつでも受け付けてくれます。7月以外の月に申請した場合、申請が承認されると申請した月の前月から次の6月までの保険料が全額又は半額免除されます。5月中に申請すれば、今年の4月から6月までの分が免除される可能性がありますので、至急、申請手続きをしましょう。市町村役場の窓口で申請して下さい。私の場合は家の近くの支所で申請しました。

手続には免除申請する対象者の年金手帳を持参して下さい。本人が申請する場合には印鑑は不要です。家族を申請する場合にはその家族の年金手帳と印鑑が必要になります。それ以外に必要となる書類については参考URLをご覧ください。念のために、市役所に事前に問い合わせて必要書類などを確認してから行くと良いと思います。

参考URLのA3に

「○申請時期:7月(7月?翌年6月までの1年間の申請)」

とあるので、7月だけしか受け付けてないのかと思ってましたが、私の場合は3月に申請して、2月分から半額免除になりました。今年の7月以降の分については7月にまた申請することになります。


Q3 免除制度とはどういうものですか?


A3 所得が少ないなど、保険料納付が困難な人には、保険料の免除制度があり、「全額免除」と「半額免除」があります。


○申請時期:7月(7月?翌年6月までの1年間の申請)


○申請が承認されると

「全額免除」の場合は、申請した月の前月からその翌年の6月までの保険料が免除されます。

「半額免除」の場合は、申請した月の前月からその翌年の6月まで保険料の半額が免除されます。ただし、半額免除を認められた期間に納付がない時は、未納扱いとなります。


○手続きは

市役所国保年金課国民年金班または各支所に免除申請書を提出してください。結果については、社会保険事務所より、通知されます。


○免除申請ができる人は

[1]前年所得(収入)が少ない人

免除申請者本人、申請者本人の配偶者、世帯主の3名の方全員が、前年所得などの定められた基準に該当することが要件となります。

2]失業、倒産、事業の廃止、天災などにあった人

[3]障害者または寡婦であって、前年の所得が125万円以下の人

[4]生活保護法による生活扶助以外の扶助を受けている人

[5]障害年金(基礎・厚生・共済)の1級・2級を受給している人


○必要なものは

審査には、前年の所得状況が必要なため、税の申告は必ずしてください。

[1]年金手帳または納付案内書

[2]印かん(本人が署名する場合は不要)

[3]他の市区町村から今年1月以降に転入された方は前年の所得の状況【各種控除内容(社会保険控除、医療費控除等)も記載されている】を証明するもの

[4]失業等を理由とするときは、下記のいずれかも必要です

●雇用保険受給資格者証の写し

●雇用保険被保険者離職票の写し

●雇用保険被保険者資格喪失確認通知書の写し

●離職者支援資金の貸付を受けた場合は「貸付決定通知書」の写し

●公務員等については、辞令の写し


雇用保険の適用のない離職者の方は市役所国保年金課国民年金班へお問い合わせください。


http://www.city.tochio.niigata.jp/kurasi/nenkin/yuuyo.html

保険料の若年者納付猶予制度

若年者納付猶予制度は参考URLの通りです。

「これまで所得が一定額以上の世帯主と同居している場合、保険料免除の対象となりませんでしたが、平成17年4月から条件が緩和されました。」ということで、親と同居している20歳代の人が本人の収入が基準額より少ない場合に、親の収入の多少にかかわらず、保険料免除の対象になるということです。


3 ● こると
●17ポイント

http://allabout.co.jp/career/careerknowhow/closeup/CU20030318B/i...

ご存知ですか? 国民年金保険料免除制度 - [転職のノウハウ]All About

<免除手続き条件>

全額免除の条件は以下のとおり

申請者ご本人のほか、配偶者及び世帯主の方の年間所得が

・(扶養親族等の数+1)×35万+22万


若年者納付猶予制度

・上記の計算式の適用が、

世帯主の所得を除き、本人と配偶者の所得のみで判定します。

あと、30歳未満である必要があります。

http://www.city.kawasaki.jp/71/71tama/home/madoguchi/mado_kokumi...

国民健康保険・国民年金

<手続き申込日>

申請手続きは、毎年決まった日に行うわけではありません。

申請した月の属する免除周期(7月から翌年6月分まで)の期間内で保険料が免除されます。

1年間まるまる免除してもらうためには、7月から8月31日に行う必要があるようです。

<若年者納付猶予制度>

他の年齢層に比べて所得が少ない若年層(20歳台)の方が、将来、年金を受け取ることができなくなることを防止するため、保険料の納付が猶予される制度

<若年者納付猶予制度と全額免除の違い>

記載したHPの下に、若年者の猶予制度と全額免除の違いが表になっているので参照ください。

一言で違いを上げるなら、

全額免除→免除期間は年金額に1/3が反映されます

若年者納付猶予→年金額に反映されません。

http://allabout.co.jp/finance/savemoney/closeup/CU20040716A/

国民年金保険料・免除資格は生かさにゃ損! - [主婦のための金融情報]All About

<手続きに必要な持参物>

必須

・年金手帳または基礎年金番号のわかるもの

・認印(本人が署名する場合は必要ありません)

後は、免除理由を証明するものになります。

失業を理由とするなら、退職を証明するもの。

収入がすくないなら

所得証明書

などです。


以上です。

http://www.sia.go.jp/sodan/madoguchi/shaho/index.htm

社会保険庁:相談窓口一覧

まだ疑問があったら、上記HPに記載されている

最寄の社会保険事務所等にお問い合わせするとよいですよ。

私の勘違い記述もあるかもしれないので。

では。


4 ● sami624
●17ポイント

http://www.city.hino.tokyo.jp/index.cfm/13,6241,33,42,html

国民年金免除制度(17年4月?) 日野市役所

こちらは日野市の条件ですが、参考になるのではないでしょうか。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ