人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

【沙上笹見の疑問】
現在月刊アフタヌーンで平本アキラ氏が
「俺と悪魔のブルーズ」
週刊ヤングマガジンで
「アゴなしゲンとオレ物語」
を連載中ですが、この2つの漫画は同時連載でありながら大変物凄いギャップがあります。

他にも物凄いギャップの漫画複数を「同時連載」している漫画家さんはいますか?

●質問者: saue
●カテゴリ:書籍・音楽・映画
✍キーワード:ヤングマガジン 俺と悪魔のブルーズ 平本アキラ 月刊アフタヌーン 漫画
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 8/8件

▽最新の回答へ

1 ● naoyann
●10ポイント

賭博堕天録カイジ 1 (ヤングマガジンコミックス)

賭博堕天録カイジ 1 (ヤングマガジンコミックス)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)

最強伝説黒沢 6 (ビッグコミックス)

  • 作者: 福本 伸行
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

福本伸行さんのヤングマガジン連載の「カイジシリーズ」とビッグコミック連載の「最強伝説黒沢」は絵柄はそんなに変わってはいませんが(そもそも、変えれるのか??)、作風というかスタンスがだいぶ違うような気がします。なんか同じ作者なのにカイジとかのあの緊迫したギャンブルの空気をパロッてるような気さえします。

なんか、変ですよ。黒沢。


2 ● hamao
●19ポイント

黄昏流星群 (23) (ビッグコミックス)

黄昏流星群 (23) (ビッグコミックス)

  • 作者: 弘兼 憲史
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • メディア: コミック

ヤング島耕作 (3) (イブニングKC (98))

ヤング島耕作 (3) (イブニングKC (98))

  • 作者: 弘兼 憲史
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

弘兼さんはヤング島と黄昏流星群を比べるとギャップが出てくる。たた、間に取締役島を挟むとギャップが消える…

◎質問者からの返答

確かに。黄昏とヤングはギャップあるけど島耕作シリーズを挟むと違和感ないですね(笑)


3 ● メグミ
●19ポイント

シュガシュガルーン (3) (KCデラックス (2014))

シュガシュガルーン (3) (KCデラックス (2014))

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

働きマン (1) (モーニングKC (999))

働きマン (1) (モーニングKC (999))

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: ハードカバー

さくらん (イブニングKCDX (1829))

さくらん (イブニングKCDX (1829))

  • 作者: 安野 モヨコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

安野モヨコは、なかよしでシュガシュガルーン、モーニングで働きマン、イブニングでさくらんを連載中です。

シュガルンと働きマンでは読者層に合わせて絵柄などの作風を変えており、さくらんは読者のためではなく、好きに描いているそうです。

◎質問者からの返答

確かに絵柄も作風も違いすぎますね。

しかし平本アキラ氏といい、島耕作シリーズといい安野モヨコさんといい、全て講談社。固まりますねえ。

個人的には安野モヨコさんのエヴァを見てみたい。庵野さんと結婚してんだし(笑)


4 ● kanaboo
●19ポイント

http://flowers.shogakukan.co.jp/magazine/magazine_38.html

flowers

昨年夏、「フラワーズ」という雑誌でデビューしたての新人の方で、岩本ナオさん(コミックスはまだ出ていません)。

現在、ストーリー漫画の連載と定期購読のお知らせのページに四コマ漫画を連載しているのですが、画風も作風も全く違います。

「フラワーズ」はURLをご覧の通り、ベテランの先生方が中心の雑誌で、新人作家が連載を取ることは殆ど無いのですが、岩本さんは受賞したときから新人離れした表現力で好評を博しているようです。

◎質問者からの返答

なるほど。ちょっと確認しようがないですが

そういう同時連載もアリですね。

と、小学館がここで来た。

(ここまで2005/05/30 14:57:14に返答)

追記:しまった!黄昏流星群はしっかり小学館だ! orz


5 ● mani2
●18ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4785919159/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 聖・高校生 (1) ヤングキングコミックス: 小池田 マヤ: 本

バーバーハーバー (1)

バーバーハーバー (1)

  • 作者: 小池田 マヤ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: コミック

聖・高校生 (1) ヤングキングコミックス

聖・高校生 (1) ヤングキングコミックス

  • 作者: 小池田 マヤ
  • 出版社/メーカー: 少年画報社
  • メディア: コミック

連載のギャップといえば、自分にとっては「小池田マヤ」さんが一番です。

「バーバーハーバー」はモーニング(講談社)で連載中。

ほのぼのメルヘン好きな床屋さんとOLの恋愛ものがたり。

「聖☆高校生」はヤングキング(少年画報社)で連載中。

いじめられっ子の少年の、痛くて濃い、きつくて過激な成長物語です。

ひきこもり・ヒモ・ホスト・同性愛その他もろもろなんでもありな内容ですが、作者の筆はのってる感じがします。

どちらもストーリー4コマですが、6月に普通のコマ割の「CGH!」という単行本も出ます。

こちらもFEEL YOUNG(祥伝社)で連載中。


昔はほのぼのとした4コマをたくさん描いていた方なんですが、本性をあらわしはじめたときはけっこう驚きました。

◎質問者からの返答

ほー。初耳の作者さん。しかも出版社もバラバラですね。

ジャンルも違う、コマ割りも違う、イメージも違う。

なかなかいいとこをついてますね。


1-5件表示/8件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ