人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

仮発注を受けた契約は、契約と受け取ってもいいのでしょうか?仮発注に法的効力は発生しますか?発注と仮発注の違いを教えて下さい。

●質問者: chibi2
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:契約
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● yjin
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1117499104

人力検索はてな - 仮発注を受けた契約は、契約と受け取ってもいいのでしょうか?仮発注に法的効力は発生しますか?発注と仮発注の違いを教えて下さい。..

2者間における売買契約の申込と受諾が成立した時点で契約といえます。口頭だけでも契約は成立しえます。仮発注という内示をもらっているのであれば、それは正式な注文書が発行される前段階での契約成立のエビデンスと捉えるのが妥当ではないでしょうか。


2 ● gio
●20ポイント

http://www.nico.or.jp/op/business/cont.asp?fileCode=11

ビジネス知識源

仮発注(仮契約)にあってしかるべき書面があり、そこに解除条件等が書いてあれば話は変わってくると思われます。


3 ● nikumarukun
●20ポイント

http://www.hatena.ne.jp/DAMMY

会社の形態によって異なりますが、一般的には仮発注は「解約・変更・再検討」など発注自体が不確定なものです。仮発注において納期や予算を検討するためと、本契約に移行する時間と労力の短縮を狙ったものもありますが、本契約と違う点は別記していなければ「解消時の保証が無い」事ですので、不安ならばその点も併記するべきです。ただ、力関係もありますので最終的には雰囲気と信頼関係でどこまで進めるかです。係争になった場合は、発注内容と各担当者の確認事実と物証が重要になります。(まずありえないでしょうけど、口頭やメモでは駄目と言う事です)



●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ