人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

もし石油が枯渇した場合,サランラップ系の商品は存続しうるのでしょうか?
原料の代用品の目処は立っているのでしょうか?

●質問者: daemon
●カテゴリ:生活
✍キーワード:サランラップ 石油
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● stnet
●18ポイント

http://tftf-sawaki.cocolog-nifty.com/blog/2004/03/post_17.html

Do you think for the future?: 旭化成の生分解性ラップ

とうもろこしを原料としたラップフィルムが開発されていますね

◎質問者からの返答

これは良いですね.


2 ● toriyo
●18ポイント

http://bbnews.jp/blog/archives/2004/03/20/091834.html

土になるサランラップ: ■BBNews editors■動画紹介記者のコメントなど

旭化成は、使ったあと廃棄しても土や水中で分解されて自然に戻る性質をもつ生分解性の食品包装用ラップフィルムを世界で初めて開発したことを明らかにした。

とうもろこしに含まれる糖分を原料にして製造するため現在の石油からつくられている「サランラップ」に代表される食品フィルムに比べて環境への負担が極めて小さくなる。


3 ● jyouseki
●17ポイント

http://www.aaa-aqua.co.jp/html/chie/yougo/bakuteria.html

$B%P%/%F%j%"(B

石油枯渇の問題については解決のめどはたっています。

バクテリアに石油を合成させる研究が進んでいます。静岡県相良町に、微量ですが、石油が採れる場所があるのですが、そこの石油は「HD-1」というバクテリアが生成したもので、そのメカニズムが解明され、そのバクテリアをうまく培養できれば、人工的に石油を造ることが出来るようになります。

これは数年前「特命リサーチ200X」で放送された内容ですよ。それを私は瞬時に思い出せます。私のことは宇宙人とでも思ってください(笑)。


4 ● manimusu
●17ポイント

http://www002.upp.so-net.ne.jp/sgun/saigo/saiS04X.html

?l???S?????

石油の約16%は石油化学製品の原料です。石油化学製品は人々の生活の隅々まで浸透しています。合成繊維や合成ゴム等が無くなるのは影響が大きすぎます。

代替品が開発されるでしょうが、満足出来るものを作るのはたいへんだと思います。

http://www.bund.org/editorial/20050425-1.htm

ガソリン、リッター130円突破 石油大量消費時代は終わった 再生可能エネルギーに転換の時

http://www3.ocn.ne.jp/~morinaga/energie/sekiyunokokatu.htm

?Ζ?????

◎質問者からの返答

質問のメインはサランラップですが,やっぱりいろんなことが心配になっちゃいますね.

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ