人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

携帯電話のアクセサリーを1から創ろう(商品自体はきまってます)と思います。ビジネスとして成り立たせるためにしなければならない法務的なことと資金繰りの方法を教えてください。またできあがってからの商品の展開の仕方等いいアイデアがあればよろしくお願いいたします。

●質問者: mso
●カテゴリ:ビジネス・経営
✍キーワード:アイデア アクセサリー ビジネス 携帯電話 法務
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●50ポイント

http://www.kaiten-support.com/

工事中

こちらのページをお読みになってください。非常に優秀なページです。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。よく読んでみます。


2 ● sami624
●50ポイント

http://eibunpou.fc2web.com/emaillaw.htm

特定商品取引法に基づく表記

あまりにも抽象的過ぎるため、当該事業が許認可事業か否かが分かりませんが、一般的な製造業であり、販売をするだけなら、特に法律上の規制はありません。

http://lhbc.web.infoseek.co.jp/subnote-4.htm

どの程度の金額のものか分かりませんが、運転資金は、商品が出来上がってから一般的に売れるまでの期間に関わるコストと掛売りをする場合は、掛売り期間のコスト、商品製造期間に関わるコストが発生し、材料費を支払う期間の掛け買い期間分の暗転日を差引いた金額が、運転資金として必要になります。よって、この程度の資金は手持ちで保有するか、金融機関から借入をする必要があります。

また、製造に関わる固定資産購入費も金融機関から借り入れる必要があります。

一般に経常運転資金は手形貸付で、設備資金は証書貸付約定返済となります。

http://www.econ.tohoku.ac.jp/~terui/Kotler10.html

?s???Z?O?????e?[?V????

商品販売は、マーケティング調査が必要となります。携帯電話アクセサリーであれば、最も購入するのは20?30代の女性であるため、当該セグメントが好むアクセサリーの質・色・価格を調査し、ニーズに合った商品開発をする必要があります。

◎質問者からの返答

よく熟読します。ありがとうございます。


3 ● miharaseihyou
●50ポイント

http://www.tenki.jp/

【tenki.jp】日本最大級の天気・気象情報サイト

まず選択してください。有限でいくか、個人商店でいくか、稀にはスポンサーを見つけて株式でいくか。パターンとしては、資金に余裕があれば有限、なければ個人。個人から初めて登記費用ができた所で有限に移行、体力やコネ、知力を振り絞って商売しながら会計や法務までやるのはリスクが大きすぎます。信頼できる税理士か会計士を見つけて頼り切る。後は賭けです。ただし帳簿の付け方読み方はその人にきちんとならってください。ネットで行くか、口コミで行くか、営業周りをしまくるか、商品とあなたの体力気力知力次第です。自分を過信することだけは危険です。がんばってくださいね。

◎質問者からの返答

アドバイスありがとうございます。できる限りやってみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ