人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

具象,抽象動詞について
言葉には、名詞だけでなく動詞にも上位,下位動詞がある。
存在動詞,普通動詞の関係について

●質問者: isaco
●カテゴリ:学習・教育
✍キーワード:動詞 名詞 存在 抽象 普通
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● jo_30
●40ポイント

http://bbs9.otd.co.jp/277218/bbs_reply?reply=138

エラーが発生しました

今ひとつ質問の意図を掴み切れていないかもしれないので、先に謝っておきます。

質問者さんが「存在動詞」とされているものは、一部は現在日本語で「助動詞」とよばれるものに入り込み、その残り(ある、いる、する、なる、やる、なす、いたす、もらう…等)が仰る「抽象動詞」ということになります。


両者の関係を簡単に図示すると


存在動詞 → 抽象動詞 + 助動詞


ということです。「具象動詞」と仰るのが「抽象動詞」の対義語だとし、「普通動詞」と仰るのをいわゆる「本動詞(←→補助動詞)」のことだと考えると(すいません、日本語の文法学説や文法用語は色々あって、どうも統一されていないようなので)、


普通動詞 = 抽象動詞 + 具象動詞


以上をまとめて図示すると


存在動詞→抽象動詞+助動詞

具象動詞

普通動詞←→補助動詞


という感じではないでしょうか。ちなみに、これらの用語についての解説は

http://blogs.dion.ne.jp/liger_one/archives/406194.html

Logic Board ―どう考えるのが正しいか: 日本語はどういう言語か:目次

こちらで紹介されている

「日本語はどういう言語か」三浦つとむ

の第3章の3あたりを参考にしました。

同書は講談社学術文庫の43にはいっており、amazonでも「2?3日以内に発送」になっておりますので容易に入手可能だと思います。お近くの図書館等にも入っているかと思いますので、よろしければご覧下さい。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ