人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

(再質問)
人は、本当に見ているものや触れているものはわずかですが、
抽象化や比喩や経験則のような想像や信仰によってそのまわりに広い”現実”を認識しています。
それは精度のいい妄想ではないでしょうか。
あるいは制御された狂気ではないでしょうか。
現実だと信じているもののほとんどは推測に過ぎないのではないでしょうか。

(見ていないところで何が起きているかなんてわかったものじゃないわけで、
条件を絞り込んでその上に論理を構成するにしても、それは変わりません。
日常的な感覚で言えばなおさらです。)

(本当に目に触れているわずかなものの変化などによって)
・この妄想である現実が揺らいだことはないですか?
・それはどれほど確かなものだと思いますか?


#退会しようと思ってポイントを使ってきたので残り少なくあまりはずめません。
#でも面白い回答には多く配分しますのでどうかよろしくお願いします。

●質問者: last_wednesday
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:いるか ほと ポイント 信仰 妄想
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 9/9件

▽最新の回答へ

1 ● homuRa
●22ポイント

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CD%A5%AA%A5%B3%A5%F3

ネオコンとは - はてなダイアリー

「現実」とは、一人の人が主観的に、他人との共通概念だと信じている事象に他ならない。


人は、他の人の心の中が見えないので、知るはずもない他人の意識を自分の中で作り上げ、それらが自分のものと同じだった場合に、それが多ければ多いほど広範囲に通用する「現実」と判断しているだけで、本当の意味での共通概念だということを誰も確かめたわけでもないし、そんなものは本当は存在しないことを失念しているに過ぎないのだ。


では何故「現実」が必要かというと、自分の行動や意志を決定するために基準となるものが必要だからです。そのために人は自らの意識の中でその人なりの「現実」を作り上げ、その「現実」の中で自分はどうあるべきか……それを考えて生きているのではないか?。


つまり、「現実」とはその人の主観の一部であって、それ以上ではないのだ。


100人の人間がいれば100の現実がある……それを、基本の事実として認識しておく必要がある。客観的に考えているつもりの人が100人いたとしても、それらがすべて同じではないのも、そういう理由からだ。


人は結局「主観」でしか物事を見られないし、判断できないのである。


2 ● marchu
●15ポイント

http://www.mognet.org/hansen/

[Mognet] ハンセン病 モグネット

昨日の質問で回答しようとしたら終了していたのでその質問に対する回答も書いておきます。


「自分が思い描いている現実」が揺らいだことはあります。

そのうちの一つを取り上げてみます。

それは、ハンセン病の事についてです。

自分はハンセン病元患者の方と会って話を聞く機会がありました。

それまではずっとハンセン病元患者の方の手の指が無かったりするのはハンセン病によるものだとずっと思っていました。(以前、ハンセン病元患者の指が無かったりするのはハンセン病によって指が無くなったんだと聞かされたからです。)

しかしその方は言いました。「ハンセン病によって指がなくなったんじゃなくて、冬のとても寒い日でも無理やり労働させられて凍傷にかかり、それで指が腐って切り落とされたのです」と。

そのとき自分はとんでもない勘違い(この質問で言う妄想である現実)をしていたんだ!?と思いました。

そのことはハンセン病元患者から直接聞いた話なのでほぼ全部確かなものだと思います。

自分はそのハンセン病元患者の方に会うことができて本当によかったと思っています。


(以下、昨日の質問に対する回答です。昨日の時点での回答なのであまり気にしないで下さい。)

自分では6割くらいだと思います。


例えて言うと、外国に行ったときに俗に言われるストリートチルドレンという子供たちが世界には日本のホームレスと同じくらいの頻度でしか見かけることは無いだろうなと思っています。(現時点ではそのことについて調べて居ないのであっているのかどうかも分かりません。)

だけど飢えに苦しんでいる子供が居る。地雷や有毒ガスによって奇形児として生まれてくる子供が居る。何の罪もない人が自分の周りでは考えられないような(車にロープでつながれて・・・)などを受けて殺される人が居ると言う事などは学習する機会があったのでネットで色々調べて分かりました。

でもまだまだ知らないことは沢山あると思います。


ということで6割としました。


3 ● duemr701
●1ポイント

http://www.infoseek.co.jp/

【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト

自分以外は、動物


4 ● 1500曲を突破♪
●16ポイント

http://members.aol.com/Myau84/jedi.html

The Jedi Knights Homepage

幻覚剤は知覚のおおもとの方に作用して、知覚自体をまったく変えてしまいます。したがって(正常時に知覚・認識している)「現実」など(「実在」界という意味での)「リアリティー」のごく一部(ほんの一断面、位相のひとつ)でしかありません。

そのときに(つまり、そうした知覚状態が錯乱しシャッフルされているような状態においても)確かな現実として感知されるのが(これは実際に視認できるのですが)エネルギーの流れです。映画「スターウォーズ」でいう「フォース」というヤツですね。エネルギーはわたしたちに「見る」ことのできる「現実」です。それはご質問者がおっしゃるような「妄想」や「狂気」や「錯覚」のような(虚ろな構えとしての「虚構」としての)「現実」を形成することはありません。したがって真のリアリティーだと(わたしは)考えます(=感が得ます)。

それと、いろんなことに気がつくとひとつ「現実」が壊れます。「気づく」とは(そうした現実の破壊を介して)新たな現実を「築く」ことです。実は生きるとはその無限の反復であってひとつの現実などには安住できるようにはできていません。自ら進んでそうのうな「現実」にアプローチしていけば、生きること即>「現実に」生きることになりますが、感覚を遮断したりルティーン化したり機械的に生きていると(思いもよらぬかたちで)現実の制御が不能になって何かと人生修羅場になったりします。借金まみれとかデキ婚とか、その他いろいろ。生きるとは、生きていることの滅相もなさや恐ろしさなどと生きていることの喜びや素晴らしさとのバランスをとることです。まあ、技術ですね。ドライビング・テクニック。妄想もストレスもなく謙虚に生きればいいんですね、現実なんて。所詮、「幻実」なのですから。死ねば死んだで、そのままエネルギーは来世とかをやるわけですよ。量子レベルでのエネルギー保存の法則にしたがって。逃げないこと、さぼらないこと、勤勉に工夫を努めること、それをしてれば次々に気づくというかり(それこそ)現実が見えてきますよ、リアリティーが。すべては一律にチャレンジだと思えばいいです。恵みや呪いと考えて一喜一憂するのは愚かさだろう。自分の生きている身体が常時すべてを意識し気づいていることに(マインドで)気づくべきです。誰でもそのままその場でできることです。いま/そこで! いま/ここで! あとはそれを惰性でなく覚醒したかたちでつづけるだけのこと。たやすくはねえぜよ。


5 ● TomCat
●16ポイント

http://blog.goo.ne.jp/scumscum/e/7f0f608ad3ade57871c45cc16678739...

SCUM’S BLOG:紅白歌合戦のさだまさし

それは事象を論理的にとらえるか、

観念的にとらえるかということによって

大きく異なってくるものと思います。


現実の認識を医学にたとえれば、

これは現時点では到底全てへの理解は及ばないことが分かり切っている

生命という未知のものを取り扱う学問です。


しかし、その生命の反映である生命体を研究することにより、

幾ばくかの事実は見えてきます。

その確認された事実を多様に組み合わせて検討する。

検討から仮説を立て、仮説を検証し、さらに得られた結果を元に

新しい仮説を立てていく、という繰り返しで、

少しでも「未知の現実」に接近していこうとしていきます。


その結果、不十分な段階とはいえ、今日多数の病気を克服し、

さらに遺伝子の秘密までも解き明かし始めました。

これが、事象を理論的にとらえていくことの成果です。

理論的に仮説を立てて推論し、それを検証していくならば、

未知の領域も次第に解き明かして「既知」にしていくことが出来るわけです。


しかし、仮説と検証された事実が混同される

観念的な事象認識では、たしかに妄想が認識を支配します。


そしてそれによって生み出される虚構の現実認識を利用して、

政治や宗教などの思想体系が合理化されていきます。

それが社会に蔓延する結果、本当の現実への

都合の良い「無視」が始まります。


さだまさしが去年の紅白で歌った「遥かなるクリスマス」は、

そうした妄想の恒常化による現実への無視を

鋭く歌い上げました。


私たちが現実と思いこんでいるのは「裸の王様」。

ちょっと論理的に見れば、すぐ恥ずかしい丸裸が見えてきます。

でも、それをしない。しようとしない。

その方が自分にとって楽だからという

妙な現実認識だけは持てる能力があるのにね。


今また、ただ物が食べられないという理由だけで、

子供の命が消えました。


1-5件表示/9件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ