人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

個人事業主です。
配偶者特別控除がなくなり
配偶者控除ももうじきなくなるかもしれません。

そこで国民年金基金への加入を検討しているのですが
この制度の将来性はどうなんでしょうか?

制度的に使った方が得というのは
色々な人が言っていて解るのですが
批判的な事を言っている人がいないか探しています。

●質問者: Naka
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:個人事業主 制度 国民年金基金 検討 配偶者控除
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● prize14
●18ポイント

http://classicalnp.blog5.fc2.com/blog-category-2.html

ページが見つかりません。

障害年金というものですが、障害基礎年金のみしか、受け取れないのですが、障害に関しては、国民年金基金でもカバーしていないということです。


したがって、障害に関しては、個人で、保険に入るなりして、予防しておくしかないですね。


となっています。批判的ではないですが、障害に関しての保障がないのは不安ですよね。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

障害までは考えてなかったですが

考慮する必要はありそうですね。


2 ● ZZR250com
●18ポイント

http://www.smrj.go.jp/skyosai/

中小機構:小規模企業共済: 小規模企業共済

税金対策だけでお考えならば、小規模企業共済をお勧めします。

掛け金が所得から控除でき、しかも将来戻ってくるという点では国民年金基金と同じです。

国民年金基金は、法人成りして役員になった場合、厚生年金になってしまうため加入できなくなりますが、小規模企業共済なら小規模な法人の役員なら引き続き加入できます。

◎質問者からの返答

主に税金対策です。

小規模企業共済は存在は知っていましたが

詳しくは知らなかったです。

法人成りも視野には入っているので検討してみます。ありがとうございました。


3 ● argrath
●17ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

URLはダミーです。


国民年金基金の弱点は、給付額が固定なのでインフレに弱いことだと思います。

(もちろん国民年金基金だけの話ではないですが)

逆にデフレになったら得をするのですが、長い目で見れば

極端なデフレ、というのは考えにくいですし。


メリットもかなり大きいので、うまく使いつつ、

他の手段も併用するのがよいのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

回答はもう少し待ってみます。

この質問はどちらかというと国民年金基金を運営している組織(?)の問題点とかを

指摘している人っているのかなぁという疑問から来ています。

社会保険庁などとは違って健全な運営がされているのでしょうか?

そういった視点での回答もお待ちしております。


4 ● you13x
●17ポイント

http://www.ufjtrustbank.co.jp/houjin/nenkin/kokumin.html

運営はファンドであらゆる金融商品にむけられます。

http://www.npfa.or.jp/c/c_5.html

基金の解散もありうるという前提での加入です。

http://gijutsu.exblog.jp/i0

国家破綻研究ブログ

所得控除の対象ですが、 掛け金が将来一定ということで物価変動に対応できてない。これが最大のデメリット。将来インフレになるでしょうから。

要するに病気、老後の場合でもジタバタしないぐらい十分なお金を自分で用意できれば必要ないのではないでしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございました。

デメリットもいろいろあるのですね。

もう少し回答を待ってみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ