人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

乾くるみ「イシエーション・ラブ」を読んだ人に質問です。

[1] 「イシエーション・ラブ」以上に 凝 っ た 構 成 で
[2] ラスト近くのどんでん返しで読者の度肝を抜き、
[3] 再度読み直したくなること間違いなし

という他の小説を紹介していただけないでしょうか。

ここで脊髄反射で書き込もうとするアナタに強い警告。
僕は単に「どんでんがえし」のある小説を読みたいのではありません。

たとえば 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」も、
ラスト近くのとんでもないトリックで有名になった小説ですが、
「構成として」凝っているわけではありません。
(小説としては素直で、「実は主人公は○○だった」ってだけですよね)

そうじゃなくて、たとえばn部構成になっていて、それらが有機的にからみあっており、
フツーの小説のつもりで読んでいると、最後にびっくりさせられ、
再度、新たな視点で読み直したくなる・・・という小説です。よろしくお願いします。

●質問者: lionfan
●カテゴリ:趣味・スポーツ 芸術・文化・歴史
✍キーワード:どんでんがえし どんでん返し アナタ トリック ラスト
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● masaki8
●100ポイント ベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101445060/qid=11185658...

Amazon.co.jp: 生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術: 本: 泡坂 妻夫

泡坂妻夫の「生者と死者」と「しあわせの書」はいかがですか?

ネタバレになってしまいますから、何も書けませんけど・・・。仕掛け的には最強だと思います。

◎質問者からの返答

おお、ありがとうございました。

泡坂妻夫は、読んだことはありませんが、すごく気になっていました。

ご紹介ありがとうございました。読んでみます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ