人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

次の題材とバブルのに陥る背景と結果について理論的に説明せよ。
題材→「バブル経済期における銀行をはじめとした金融機関の融資判断「融資するか否か、融資の金額などについての意思決定」の特徴と問題点について簡潔に述べよ」

●質問者: norano
●カテゴリ:政治・社会 経済・金融・保険
✍キーワード:バブル バブル経済 問題点 理論 融資
○ 状態 :キャンセル
└ 回答数 : 2/2件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki

http://www.smepolicy.jp/tousan.htm

簡潔に述べると貸ししぶりがよくないと思います。

◎質問者からの返答

できればコピーなどでもいいので特徴と問題点について貼り付けていただけないでしょうか?サイトの文章が長すぎます。


2 ● kosuke2005

http://www.yahoo.com/

Yahoo!

バブル経済期の銀行は土地さえあればどんな事業にも融資していました。

本来は詳細な担保価値の査定をして、融資をするのですが、バブル期の過剰な不動産投融資をし、しかも資産自己査定が甘かったのです。大口融資先を管理するうえで、融資額の上限や会社別の融資枠を設けるなどの危険分散が不十分だったのは明らかです。

バブルの崩壊で収益性を無視した事業は行き詰まり、地価下落で担保の土地を処分しても融資を回収できない状況が相次ました。残ったのは不良債権の山でした。

◎質問者からの返答

すいませんキャンセルします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ