人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

大腸癌手術後の腫瘍マーカー(CEA)の値の変動を時間経過で解説しているページは無いですか。
一般的な基準値が5ng/mlというのは調べがついたのですが、
術前に230だった数値が、術後40日経過して33.9っていうのは経過がどうなのかを知りたいのです。
それとも人やケースによってさまざまだから、単純に比較して良し悪しが言えるものではないのでしょうか。
後CA19-9(RIA)についても同様に述べているページがあればお願いします。
久しくネット環境から離れていたので、昨今のはてなの空気が読めてない質問であれば申し訳ありません。
ではよろしくお願いします。

●質問者: SYN1
●カテゴリ:医療・健康 科学・統計資料
✍キーワード:ML ng はてな ネット 日経
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● tetsu129
●50ポイント

http://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/21sub.html#cea

がん 癌検査 腫瘍

SYN1さんのおっしゃられている通りです。単純に比較するものではありません。

CEAは腺細胞系の悪性腫瘍から出る物質ですから、術後値が下がっているのは誰でもそうなります(例え取りきれていなかったとしても、大部分は取っているため)

はっきり言って40日ではなにもわかりません。なぜなら、一旦高値になったものは体の中で徐々に低下してゆくからです。

つまり、転移があるのかどうかや取り残しがあるのかどうかの判別にはならないのです。


主治医からは経過を見ましょうと言われませんでしたか?その理由は目で見てもわからない小さな転移などは、CEAの値としてほとんど反映されないからなのです。

したがって、今後この値が上がってきてしまったのなら、残念ながら転移や残存の可能性が高いということになります。

もう少し待ってみてはいかがでしょうか。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

やっぱり単純なものではないのですね。

はい、おっしゃらているように主治医さんからは、以後の経過を見ていきましょうと言われています。

診察時にきちんと聞いておけば良かったのですが、

例えばすべて取りきれている場合はどれぐらいで基準値にもどりますよ、見たいな指標があるのかなっと思ったもので、次回診察まで待ちきれなかったので質問してみました。

tetsu129さん、ありがとうございました。


2 ● Insite
●50ポイント

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&d...

Entrez PubMed

質問された方が患者側の立場という前提で説明します。この英語論文では、術後のCEA半減期が4.4日未満だと再発率が低く、4.4日以上だと高いと言っています。

http://jjco.oxfordjournals.org/cgi/content/full/32/2/41

CEA Doubling Time and CEA Half-life in the Prediction of Recurrences after Colorectal Cancer Surgery -- Konishi 32 (2): 41 -- Japanese Journal of Clinical Oncology

こちらでは再発した人の方が再発しなかった人よりもCEAの半減期が長かったといっています(8.01日 対 4.33日)


40日で230→33.9という経過はやや遅いように見えますが、これらの論文は「半減期が長いほど再発率が高くなる」という統計的結果を示しただけで、その方自身について「治ったか、治ってないか」ということについては断言できません。

◎質問者からの返答

回答どうもありがとうございます。

基礎的な情報の提示が足りませんでしたね。質問者は患者側の人間です。医学的知識はあんまりありません。

おぉ、半減期ですか。なんか懐かしいかも。昔勉強したなぁ。

うーん4.4日で考えると40日あったらとっくに基準値になっているでしょうね。

まあ、上の回答で述べましたが、経過を見ていこうということなんで、様子見で行きます。

Insiteさん、どうもありがとうございました。


3 ● preirie
●50ポイント

http://www.jsog.or.jp/PDF/51/5110-395.pdf

先の回答にもありましたが、完全に摘出できている場合は腫瘍マーカーもその半減期に準じて低下していきます。上のURLの4ページ目にCEAの半減期が書いてあります。ここでは7日となっています。別の文献では10-14日となっていました。すなわち、完全に摘出できていれば半減期が14日と考えた場合は2週間後には230の半分の115、4週間後には115の半分の57.5、6週間後には28.75ということになります。半減期が7日とした場合はCEAを産生する細胞がなくなっていれば3週間後には28.75になる必要があるって言うことですね。

もともと、癌の患者さんに主に上昇してくる物質ですし、癌が残っていると半減期がわからないので信用のある半減期はわからないです。

多分、残存があるかないかきわどいところなので今後の経過が重要ですねということになるのかと思います。

CA19-9については調べましたが、半減期はわかりませんでした。すいません。

◎質問者からの返答

回答ありがとうございます。

一つ前の回答においての半減期は、人体内で減少していく現象の結果としての半減期で、今回いただいた回答における半減期はCEAという物質そのものの性質という風に考えればいいのでしょうか。

ちょっと混乱してしまったかも。

でも、ネット上あるところにはこうやって情報があるものなのですね。自分で調べるとなかなかたどり着けないのですが。

CA19-9に関しては、わざわざ謝っていただくようなことではないので、逆に申し訳ありませんでした。

preirieさん、回答ありがとうございました。


4 ● Insite
●50ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1118896452#a2

人力検索はてな - 大腸癌手術後の腫瘍マーカー(CEA)の値の変動を時間経過で解説しているページは無いですか。 一般的な基準値が5ng/mlというのは調べがついたのですが、 術前に230..

補足が必要と理解しました。


英語論文中のCEAは血中の検査値の話で、ここで半減期が意味しているものは、単に「手術前の値の半分になるのにかかった日数」ということです。このケースだと「術後何日で115をきったか」ということですが、普通はあまり頻回には検査しないので正確な日数は分からないと思います。

ただ、40日目で33.9という数字で、半減期が一定だったとすると、4日よりは長いかなと。


3番目の回答者が示されている「7日」という数字は、「長い経過観察の結果完治したと分かった術後患者をさかのぼって調べると、血中CEAの半減期が平均7日であった」という意味です。

この場合の半減期は、英語論文と同じく単に術前の半分になるのにかかった日数を言っているのか、血中CEAが減少していく様子ををグラフ化して、近似曲線をつくってわり出しているのかは、改めて元論文を探さないとわかりません。


他の回答者と同じく、経過観察が重要、ということで良いと思います。

◎質問者からの返答

どうも Insiteさん、丁寧な補足の説明ありがとうございます。確かに40日目の分よりも早いタイミングの数値がわかってないので、本当の所がどうかは判らないですよね。自分で持っている半減期という言葉の

イメージで、CEAに固有の数値があるのかなとも思ったのですが、人の体の中のことですから、それこそ人それぞれっていうことですね。

まあ早く減ってくれるに越したことはないのでしょうが、とにかく減ってはいるのですから。

では、ありがとうございました。


5 ● tetsu129
●50ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1118896452

人力検索はてな - 大腸癌手術後の腫瘍マーカー(CEA)の値の変動を時間経過で解説しているページは無いですか。 一般的な基準値が5ng/mlというのは調べがついたのですが、 術前に230..

2度目ですみません、ポイントは不要です(こういう時にいわしに書けたらいいんですけどね)

SYN1さんが不安に思ってしまわないようにいくつか付け足しておきます。

2?3番目の方が半減期について述べてらっしゃいましたが、もちろんこれは正しいのですが、あくまでも生体が正常である場合です。

腎機能や肝機能に障害がある、ないしはそれほど機能が良くない場合には値の低下は遅延します。また、CEAは「血中濃度」ですので、輸液など体内の水分によっても変わってくるのです(人工肛門を造設した例などでは腸管からの水分の吸収は減少します。もちろんその分摂取すればいいのですが)


長くなりましたが、腫瘍マーカーはあくまで検査データだということを念頭に置いて下さい。

不安に思われる気持ちはとてもよく分かります。が、データ1つを前に悩んでいても何も変わりません。

「医者は治すのでなくて、患者が治るのを助ける」というのは私の好きな言葉です。今は患者さん本人の治癒力に任せて、過度に不安になるのでも楽観するのでもなく、できることをするのが先決ではないでしょうか?


質問の答えにはなっていなくて申し訳ありません。

◎質問者からの返答

tetsu129さんも、2度の丁寧な回答ありがとうございます。質問者が当事者なものですから、後半部分に関しては読ませていただいて、非常に助けられた気がしています。

確かに出てしまった結果でこれは良くないなとうじうじ考えるよりは、どうやってこの先これを克服していくかと考えるべきでしょうね。今はいただいている抗がん剤をきちんと飲んで、今まで不摂生だったのでなるべく運動などして体力の回復に努めようと思います。

本当にありがとうございました。

以上で質問の方を終了したいと思います。

回答していただいた皆様、本当にありがとうございました。また質問する際もよろしくお願いします。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ