人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

バブル後、不況になった日本ですが赤字財政でもありながら公共投資の拡大は景気回復につながったのでしょうか?理由と詳細が載っているサイトつけてでお願いします。

●質問者: norano
●カテゴリ:ビジネス・経営 政治・社会
✍キーワード:サイト バブル 不況 公共投資 景気回復
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 4/4件

▽最新の回答へ

1 ● hamao
●18ポイント

http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/0210iken.html

????(??)?????????

あの植草教授の孫引きですが…小渕内閣の積極財政は再評価を受け初めていますね

http://homepage1.nifty.com/economics/sub2.htm

????o?????

こちらでは不況に下げどまり感が出たと表記してあります

http://www.pressnet.or.jp/shimen/t19990817.htm

紙面展望 1999年8月17日

◎質問者からの返答

充実したサイトでした。ありがとうございます。


2 ● daidaidaisuke
●18ポイント

http://www.isc.senshu-u.ac.jp/~the0350/2001/paper/iguchi.pdf

私も質問に興味を持ったので調べてみました。

「公共投資の意義」という大学生の論文は、一番この質問の回答に近いサイトだと思います。

(著者は最後に出来栄えを嘆いていますが)

http://www.mlit.go.jp/road/ir/kihon/3siryo3.pdf

また「今なぜ公共事業なのか、今なぜ道路設備なのか」という報告書は、その名の通り”なぜ”公共事業なの?を説いています。

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

※私は経済学を専門に勉強していないので、上記サイトの内容の保障は致しかねます。

すいませんがご了承下さい。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


3 ● p00437
●17ポイント

http://www.japanweb.ne.jp/fortune/aqua_data/back/1998/eco54.html

小渕内閣時、公共投資の拡大し、一時的には景気は回復していましたが、その後森内閣の時下がり、小泉総理になって公共投資の縮小し、さらに交代したのは事実です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。


4 ● きょくせん
●17ポイント

http://www.crs.or.jp/56915.htm

時事通信社世論調査に見る内閣支持率の推移(1989-2004)(中央調査報より)

個人的には財政出動の時機を逸したと考えています。

橋本内閣当時、景気が後退傾向にあるときに小渕内閣程度の財政出動を行っていれば景気は持ち直していたのではないかと考えます。

http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/gray3.htm

日本人が消滅する日 第3回

で、小渕内閣の財政出動は確かに日本経済に対しカンフル剤的な役割を果たしましたが、それに伴って生じた財政赤字は現在日本国債の格付けをAA?にしていますし、2008年問題等も孕んで危機的状況を迎えてしまったとも言えます。短期的には成功、長期的には失敗と考えていいのではないかと。最も、小渕氏の急逝さえなければもう少しましな状況になっていたかもと思えてなりません。もちろん、歴史にIFは否定されるべきですが、ただ現状を見るに少々落胆せざるを得ないと言う所で。


外部論拠に乏しいのでポイントは結構です。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ