人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

SiC(炭化ケイ素)の製法で、ブレークスルーな手法を開発したのは、京大の先生だったという話をききました。誰なのでしょうか?

●質問者: isogaya
●カテゴリ:ビジネス・経営 科学・統計資料
✍キーワード:SiC ケイ素 ブレークスルー 京大 先生
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 1/1件

▽最新の回答へ

1 ● じゅげむ
●40ポイント

http://www3.fed.or.jp/pub/review/FEDreviewV1N17E1MatsunamiH.pdf

URLはPDFファイルです。SiCの研究の進展について書かれた文書です。ここで触れられています「高品質エピタキシャル成長法」を開発した,この文書の著者,松波弘之先生(京都大学)がお探しの先生でしょうか。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ