人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

捕鯨の問題について、米国などは絶滅の恐れがあるといって捕鯨絶対反対をいいますが、IWCなどではクジラの頭数が増えすぎてきて、このままではクジラが小さな魚類を食べ尽くすことになり海の生態系が変わってしまうといっています。真っ向から対立する意見ですが、実際のところはどうなのか、それがわかるsiteを教えてください。

●質問者: axwgt
●カテゴリ:政治・社会
✍キーワード:IWC クジラ 意見 捕鯨 生態系
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 5/5件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●30ポイント

http://bonin-ocean.net/OMCzatou-reserch-3.htm

http://eco.goo.ne.jp/business/csr/lesson/nov01-1.html

生態系の一員として安定的に管理し、持続的な食糧資源として利用する - WEB講義 - 環境goo

◎質問者からの返答

ありがとうございます。ただ数字というものが今ひとつはっきりと見えてきません。その他、政治的な背景、つまり米国、オーストラリアといった牛肉輸出国とって、日本が捕鯨に力を入れるということにはいい顔をしないというようなこともあるといわれ、資金的にも援助しているということも聞くので

難しいところです。


2 ● kanetetu
●30ポイント

http://nippon.zaidan.info/bin/namazu/namazu.cgi?idxname=71%2C72%...

フリーワード検索 | 日本財団 図書館

ここのが新しく議論もやはり両方ありますね。

難しい問題です・・・。

◎質問者からの返答

どちらかの言い分が正しいはずですが、絶滅寸前と増えすぎという両極論ですから、数字としても相容れないものとなります。iwcやFAOのいうすうじの根拠、反論といったものが知りたいところです。ありがとうございます。


3 ● Baku7770
●30ポイント

http://luna.pos.to/whale/jpn.html

Whaling Library - Japanese (??~???C?u?????[ )

http://www.jfa.maff.go.jp/release/16.1105.01.02.pdf

私は酒を飲む時に鯨メニューがあると「国際問題を起こしながら飲んでいると思うと酒が旨くなる」と言って必ず頼む程の捕鯨推進派ということを断っておきます。

ミンク鯨のように増えている種類とナガス鯨のように減っている種類があります。


私の意見は最終流通段階(小売)までちゃんと管理して国際的にも評価される鯨文化保存(食の他に文楽の問題もあります)を維持していければです。

◎質問者からの返答

「捕鯨推進派」ということは別として、[私自身は反対はでもなければ、もとより推進派でもありませんが]FAOがいうように近未来を見据えての食糧事情を考えていかなくてはいけないことですから、目先の数字でものをいうことは慎まなくてはいけないとおもいますが。ありがとうございます。


4 ● kodomono-omocha
●30ポイント

http://www.whaling.jp/index.html

日本捕鯨協会ホームページ

こことか。


ただ、アメリカやオーストラリアの反捕鯨団体はほぼ感情論「あんなにかわいいものをどうして食べるの?」で突っ走っており、その影響が強いIWCがそのまんまの論調という感じです。

◎質問者からの返答

感情論ではこまりますね。それはお互いにいえることですが。

どうもありがとうございます。


5 ● jyouseki
●30ポイント

http://www.whaling.jp/qa.html

日本捕鯨協会 - 捕鯨問題Q&A -

http://homepage2.nifty.com/jstwa/

日本小型捕鯨協会2005.05.20

「鯨は人間の次に頭がいい動物だから食べてはいけない」という詭弁を述べる人達がいるのです。

◎質問者からの返答

どうもありがとうございます。

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ