人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

はてなスクラムについて考察してください。
http://d.hatena.ne.jp/hikidasi/20050621
当事者歓迎。
のっかり大歓迎。
議論はしたくないので、コメント無しでオープンして行きます。
ポイントは、均等配分(予定)です。
深〜い考察、期待しております。

●質問者: hikidasi
●カテゴリ:はてなの使い方
✍キーワード:はてな オープン コメント スクラム ポイント
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 19/19件

▽最新の回答へ

1 ● keii-i
●12ポイント

http://www.blogfan.org/service/#hatena

まず、そういった現象(スクラム)があるのかどうかという点から見ていくべきでしょう。現状のはてな参加者は公表されていませんが、数万?十数万というところだと思います。

# はてなダイアリーのアクティブユーザーは、上記。

このうち何名あるいは何%が団体行動を起すと、スクラムとして認定されるのでしょか?


私は、ある意味「自浄作用」だと考えていますので、スクラムも(仮に、そういった行為があるとして)叩かれる側の存在も許容します。痛い行為を繰り返す人は、痛い思いをして成長するもんだと思うし。スクラム側に回っているとされるのも、痛いには違いない。


2 ● popona
●12ポイント

http://www.hatena.ne.jp/user?userid=popona

はてな プロフィール

hikidasiさん自身の考えが草稿段階なのに、回答を書くのは難しいですが、がんばって回答してみます。hikiasiさんのその考えの裏には、現在はてな回答者ランキング上位のユーザが関わっている事象があるものと仮定します。(この仮定が間違っていれば以下の回答は的外れです)(URLはダミーです)


「はてな上のある一定の規範からはみ出す参加者をこぞって批判したりする」とありますが、はてな利用規約に反する利用者は批判されても仕方ないと思います。6条4.2には、「不快感を与える回答を行う行為(を行ってはいけません)」とあります。

誰にでも間違いはありますから、ほんの数回のミスをいつまでもひきあいにだして批判することはいけないでしょう。しかし、現在の騒動はその「ミス」を指摘されて認識していながらも、まだ同様の行為を続けているという点で、見逃しがたくなっていると感じます。


今までも、不適切な利用を行うユーザはいましたが、今の状況ほどに名指しで行われることはなかったと思います。それは、はじめから当事者もすぐに去るつもりで行っていたからか、こぞって批判するような状況が起きないようにユーザが心得ていたからか、スタッフの対応が適切だったからか、そのあたりの良い環境があったからでしょう。ユーザが増え、活発な利用者が入れ替わった現在は、そのような環境に無いのかもしれません。

個別のユーザを攻撃することは良くないと思うので、可能な限り明示することのない文章を心がけてはいますが、他のユーザが行っている攻撃行為を制止するほどまでにかばいたくなるようなユーザでもないと感じています。


はてなは、一部の利用者の行動がサービス全体の利用者に影響するような事象が、多く発生しているとも感じています。たったひとりのユーザが突飛な行動をしただけで、やたらと問題意識が高まるサービスは珍しいと思います。立ち上がったばかりのサービスではなく、ユーザを何万人と抱えるサービスであるならなおさらのとことです。なぜそのように感じられるのか、いわば「閉鎖的」と感じられるのかはよくわかりません。はてなに詳しい方がどこかで分析しているかもしれません。

ただ、その「閉鎖的」であることは必ずしも悪いことばかりではないでしょう。少数の声がサービス全体を動かすことは、良い提案があったときにはより効果的に働くものであるはずです。例えば、はてな義援金をはてな全体として取り組んだことは、画期的だと感じました。


「特定のユーザが批判されている」件については、今回の当事者の行動で私に伝わってくる部分から判断するに、批判されてもしかたない状況であると考えます。

「はてなが閉鎖的かどうか」といった観点で考えるなら、閉鎖的であり、それに伴う問題も起こっていると思います。しかし、それは悪いことばかりではないとも思います。


これでもがんばって書いたつもりだけど、均等配分になってしまうのね。それとも私よりも深?い回答がいっぱいで、均等配分に助けられてしまうのでしょうか。


3 ● m_suzuki2
●12ポイント

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/syounen/2002/homeless/gunsyu.htm...

集団心理・群集心理(中学生ホームレス暴行死事件の犯罪心理)

現在の状況は魔女狩りのような集団ヒステリーに近い状態です。URLで示すような匿名性・被暗示性・感情性・力の実感。今回のケースでもすべての要素が当てはまり、この状況を加速させています。閉鎖コミュニティーの悪い部分が噴出しつつありますね。


特に所謂「常連」さんと2chを中心にフレーミング状態になっていますが、この排他的な雰囲気が逆に相手を追いつめているだけのようです。お互い挑発しあってどんどんと場の雰囲気が悪くなっています。昔の米ソ軍拡競争と同じですね。


そのため本来は良回答にきちんとしたポイントを与え、参考にならない回答にはポイントを少なめにという基本事項ですら顧みられなくなっています。その挙げ句傍目には単なる嫌がらせにしか見えない「はてなのため」の質問まで行われましたが、冷静になって考えてみてこれが「はてなのため」になるのでしょうか?


ここは発想の転換が必要だと思います。「いわし」の繰り返しになりますが、ポイントランキングで誰が一位になろうがしったことじゃないでしょう。これまでも問題になった回答者は多くいて、その度に人力検索は荒れましたが、残念なことに今回は特にポイントランキングに関わっている(いた)常連さんたちが事態を悪化させているようにすら見えます。もう一度冷静になって、適切なポイント配分・回答拒否・嫌がらせがあった場合ははてなへの通報と嫌がらせの無視をするという基本姿勢に立ち返った方がいいのではないでしょうか。なんで自分がこんな常識的なことを書かなければならないのかと思うと悲しくなりますが。感情論は相手の思う壷です。


それとオチしている側からすると、はてなまで2chと同じ雰囲気でやっていくのはどうかなと思いますけどね。


4 ● kakkii
●12ポイント

http://d.hatena.ne.jp/Im_Me/20050617

曖昧Meの七転八倒日記

すみません当事者です。酷い回答に対してちょっと怒ってしまったら事がが大きくなってしまって困惑しているKakkiiです。


ただ「40円で拒否解除を売りました」と言われるのは心外です。開封ポイントと謝罪の言葉に、Jyousekiさんを信じてみたのであります。最終的にこりゃ駄目だと判断して、また拒否対象にしてしまいました。


ただ、今回の騒動に関しては、ちょっと叩きすぎだと思っています。ビンゴじゃない回答をしてしまうことも自分もあるし、ちょっとぐらいなら、質問者としても許容できませんか?ただ、googleとかで検索してとにかく張ってみるみたいな誠意が感じられない姿勢にちょっとキレてしまったわけですが、もう少しよく読んで回答してくれたらなぁと思うのですがね。

踊る大捜査線2や交渉人真下正義ではないですが、Jyousekiさんだけじゃなくて、均等配分にフリーライドしている適当回答ポイントゲッターは「どんどん湧いてくる」わけだし、個人批判ではなくシステムの改善を求めるべきだと思います。

http://www.hatena.ne.jp/1118978031

人力検索はてな - 今、はてなランキングが問題になっています。 そこで、「参考にならなかった回答にチェックを入れ、それ以外の人に均等配分する機能」を提案したいと思います。 他に一連の..

そういうことで、このようなアンケートを行ってみました。そして、はてなアイデアに提案に至ったわけです。

http://i.hatena.ne.jp/idea/2892

はてなアイデア - ポイント均等配分時に参考にならなかった回答にチェックを入れ、それ以外の人に均等配分する機能。

hatena 『ポイント配分機能をもう少し見直したいと思います。』

とのことですので、これで改善するのではないかと思っています。


5 ● TomCat
●12ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

はてなスクラムですか。

私もその「中の人」に見えちゃうんでしょうね。


でも、実際には、二つの流れが常にあります。

ひとつは、はてなユーザーとしての共通項で、

同じ考えを持つに至った人達。

もうひとつは、個人攻撃を専門とする「外部集団」です。


前者はそれそれが個人の責任で発言し、

個人の意思で行動します。

その発言は理性的であり、冷静です。


しかし、後者が流入してくると、

一気に集団心理を煽りはじめるわけです。

そしてさらに、はてなの外で流言飛語を繰り返し、

事情をよく知らない人達を宣伝工作によって

取り込んでいこうとします。


そうして排除の憂き目に遭ってきた人達が

何人もいました。


集団いじめの構造が、はてなの中にあるんじゃないんです。

はてなを舞台にそれをやっている人達がいる、

ということなんです。

この実態の把握が、ものすごく大切なところです。


多くのはてなユーザーは、優れた知性と、

人道意識を持っていると私は思っています。

誰かの巻き起こす問題を議論する時でも、

感情的な個人攻撃を避け、

理性的な一般論に成長させていける視点で語ります。


しかし、そこに外部に拠点を持つ

「趣味の個人攻撃集団」が介入して煽動していくから、

集団心理の「はてなスクラム」になってしまうんです。


ま、そういう実情を踏まえた上でなら、

「はてなスクラム」という概念の普及は重要です。


全ての意見は、集団心理に左右されない

自己の固有の意見として発言する。

煽動されず流されず自己を保つ。


誰が自発的な意見を述べていて、

誰が周囲に影響されていて、

誰が集団心理を煽っているのかを見極める。


そうした目を持ちながら、参加していきたいものだなと思います。


1-5件表示/19件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ