人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

販売促進としてポイント制をどう縫うする企業のメリットを整理したいと持っております。
さしあたって、現金キャッシュバックに比べてどのような利点があるかまとめてみたいです。
URLダミーでもかまいませんのでよろしくおねがいいたします。

●質問者: clinejp
●カテゴリ:ビジネス・経営 生活
✍キーワード:URL キャッシュバック ダミー ポイント メリット
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 7/7件

▽最新の回答へ

1 ● Lamps
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/

はてな

単純に現金キャッシュバックだとその分のお金が他の企業に流れる可能性が強いがポイントバックだと再びそのポイントを使うために自社を利用してもらえるってことじゃないですか。


2 ● jyouseki
●15ポイント

http://www.rakuten.co.jp/

【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ

ポイントはお金のようでお金ではないというのが非常に重要だと思います。

キャッシュバックはもらう側にしてみると何か悪いという気を使ってしまいますが、ポイントはそうでないからです。


3 ● sokyo
●14ポイント

http://www.tokyodisneyresort.co.jp/

東京ディズニーリゾート

URLダミーです。


とりあえず、使う側としてはポイントをためたくなります。これは現金に還元されなくても同じで、たとえば教えて!gooのポイントだってためたがり屋さんはたくさんいます。その結果、気づくとリピーターになってしまっています。企業としては、ポイントシステムを維持管理しているだけでリピーター率が高まるので、うれしいですよね? たとえばこの分を新しいお客さんで埋めようと思ったら、もっとがんがん広報を打たなければならないかも知れません。これはポイントシステムの維持管理に比べて大変手間ですし、お金もかかります。…といったところでしょうか?


4 ● TomCat
●14ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1

人力検索はてな

キャッシュバックは、サービスがそのまま

現金の支出となって現れますが、

ポイント制の場合は、必ずポイントのまま保有される部分が生じます。


ポイント利用に備える資金的保証を持つことは重要ですが、

その資金は他で運用しながら保持することができますから、

その分が有利になります。


また、死蔵され、あるいは無効となるポイントも必ず生じてきますので、

その分もキャッシュバック制に比べて有利になります。


顧客との関係では、キャッシュバックは

支払ってしまえばそれで終わりですが、

ポイント制はポイント口座が残る限り縁が切れませんから、

固定客のつなぎ止めにも有効です。


5 ● kohox720
●14ポイント

http://www.yahoo.co.jp/

Yahoo! JAPAN

これで参考になるかわかりませんが・・・。


まず、キャッシュバックとポイント還元を同率で行うという前提に立てば、ポイント還元の方が結果的に利益が出る、ということがあげられるでしょう。


たとえば10000円の商品に10%バックさせた場合。

キャッシュバックであれば、その商品を1割引で販売したのと同じ(9000円)なわけですが、ポイントであればその商品自体は10000円で販売した上に、そのポイントの存在が再来店の動機となるため、次回以降もその店で買い物をさせるように「仕向ける」ことができるわけです。


さらには、ポイントの場合、利用者がそれを使わずに失効させてしまえば、それはそのまま店側の利益につながるわけですから(上記の例なら1000円払わずに済む、現金の流出を先送りして、結果払わずに済むこともあるという事で1000円安くするより結果的には利益が出る)。


ただし価格表示自体の印象度もありますから、ポイント分を引いた「実質価格(卑怯?な言い回しですが)」を併記しておくとよいかもしれません。


ポイントによってたまる額が少額ではあまり効果も期待できないので、利益率の高い商品には高めのポイントつけて前面に出すなど工夫も必要かもしれません。


また、ポイントを貯めるほど、特典(例えばプレゼント、サービスであったり何らかの企画)がつくように段階的に設定しておけば、自分の店にその利用者を囲い込む(顧客維持)効果もより強まるのではないでしょうか。


さらにポイント制というのは事実上、会員制のようなものですから、顧客情報の収集という点でもメリットはあるものと思います。


もう1つ付け加えるならば、他業種の店と提携して、ポイント額による特典を他店で利用できる形をとる事でお互いの顧客拡大につながる、ということもあるでしょう。

(たとえばA店で?ポイントたまるとB店での指定対象商品購入時に?な特典がつく、など)


1-5件表示/7件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ