人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

最近、気になるジェンダーに関しての問題・疑問は何ですか?
詳しく教えてください。

●質問者: murdoch
●カテゴリ:科学・統計資料 生活
✍キーワード:ジェンダー
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 6/6件

▽最新の回答へ

1 ● kosuke2005
●15ポイント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%B0%82%E7%94%A...

女性専用車両の導入により、これを利用する女性乗客は痴漢被害から免れる可能性が高くなり、恐怖感から解放されます。女性が見知らぬ男性から痴漢被害を受ける恐怖感は男性が想像出来ぬほど大きなものでしょう。

なお、多くの女性はこれを理解してくれない男性に対し、強い不満を抱いています。一方で少なからぬ男性(私も)が、女性専用列車のような特別な措置によって被る不利益を敢えて自分たちが受け入れていることに女性が敬意を払わないでいると感じ、不満を抱いています。

◎質問者からの返答

ありがとうございます。

以下の方々には申し訳ありませんが、コメントを略させていただきます。


2 ● mitaneko333
●15ポイント

http://www.labornetjp.org/labornet/EventItem/kw2005060510

読書会があるようです^^行けばなにかわかるかもしれません。

http://www.town.nagakute.aichi.jp/sosiki/shakai/jyenndartyekkuri...

ジェンダーチェックリスト

ジェンダーに対する資料です^^;


3 ● kats0528
●15ポイント

http://www.tctv.ne.jp/enoku/newpage3.html

うぅん、やっぱり雇用問題じゃないですか。誤解を恐れずに発言させていただくと、やはり女性が長い間働くというのは難しいのかもしれませんね。子供を生むのは女性にしか出来ない事ですから。やはらお腹の大きな人には頼めない仕事はあります。

質問の意図に沿わなかったらごめんなさい。


4 ● jyouseki
●15ポイント

http://allabout.co.jp/health/mentalillness/subject/msub_SEX.htm

性同一性障害(性の不一致) - [心の病気]All About

http://www.libra.or.jp/

財団法人 東海ジェンダー研究所

「ジェンダーとは、社会的・文化的に作られた性差のこと。

そして、ジェンダーバイアスとは、その「?らしさ」から生まれる偏見や先入観のことです。

ジェンダーフリーとは、「女性的な人」「男性的な人」を否定的に捉え

「中性的な生き方」を 広めようとするものではなく

誰もがありのままの自分を生きられる社会への提案です。

すべての人が、「女のくせに」「男だから」という

社会からの抑圧やメッセージの中で育ち、

多かれ少なかれジェンダーを身にまといながら、

そこに気づけないで日常を送っている訳です。

そしてそのことで、自分の本来持っている

内なる力が見えなくなったり抑圧したりといった、

様々な問題が生じています。その上自己への抑圧は、

他者への偏見や先入観や圧力へとつながっていく こともあるのです。

また、女と男の「?らしさ」を比べてみると、

そこに大きな『力関係』が存在することが見えてくる はずです。

「優しく、依存的な女らしさ」と「強く、泣かない男らしさ」は

対照的な性質を持ち、 おのずと社会の中の権力関係が出来ていきます。

「寛容さ」「忍耐」「母性」を教え込まれる「女らしさ」は、

時として自己犠牲や他者依存的な抑圧となり

自尊感情が育たないまま、人権を侵害されるような場面でも

自分が悪いのだと思い込み、 本当の自分を 生きることが出来なくなってしまったり…

「強さ」を肯定的に教え込まれる「男らしさ」は、

「強さ」「力」「暴力」を肯定的に捉えてしまい

「権力」 への固執や「暴力的解決」へ依存してしまうようになったり、

「優しすぎる」あまりに「男社会」の中で 偏見や差別を受けながら

本来の感性が育たないまま力を無くしてしまったり…

ですからそれらの問題は、個人の資質の問題ではなく、社会問題である訳です。

ここで重要なことは、まずは自分自身のジェンダーと向合いながら

ジェンダーに敏感な視点を持つ こと、そして、ジェンダーーに敏感な視点を

育てる仕掛けやシステムづくりを確実に具体化し、

『対立』や『非難』ではなく『受容』や『共感』で互いの内なる力に働きかけることです。

社会のすべての問題の根っこの所に、ジェンダーが潜んでいます。

些細な区別もいつの間にか、大きな差別 へと発展していく可能性のある芽です。

誰もがありのままの自分を、そしてありのままの他者を受容できる

「多様性社会の実現」に向かって、ジェンダーと向き合っていければと願います」


5 ● yoshidori
●15ポイント

http://www.hatena.ne.jp/1119708502#

人力検索はてな - 最近、気になるジェンダーに関しての問題・疑問は何ですか? 詳しく教えてください。

いろいろありますよ、家事は女性がするものだとか、日常生活をよく思い返してみると、たくさん出てきます。でも、それを意識しすぎると逆に男性への差別にもなります。。。


1-5件表示/6件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ