人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

1975〜85くらいの各プロレス雑誌の勢力図とか特長とかを教えてください。
当時は週刊より月刊が主流だったよね、とか思い出話でも主観が入っててもかまいません。
えきれば実際に読んでいた方、お願いします。古書店のリストとかは邪魔なので結構です。

●質問者: lukino
●カテゴリ:趣味・スポーツ
✍キーワード:プロレス リスト 主観 古書店 月刊
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 3/3件

▽最新の回答へ

1 ● komiyatakun
●20ポイント

http://wrestler.navi-log.com/

プロレスファンブログ

ダミーです。当時は週プロ強かったですね!!てか今でも私は好きです!!

ちなみに北海道のHBCラジオで週刊ラジオプロレスやってます!!ネットでも聴けますよ!!

私は断然新日派です。週プロはどちらかといったら全日中心だったきが・・・

余談が入りましたが週プロ>>ゴングでした。

◎質問者からの返答

うっかり最初にゴングを手に取ってしまったせいで惰性でゴングを読んでいるんですが、

週プロも読んでみようかな、という気になりました(^_^)


2 ● impetigo
●20ポイント

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4874654452/249-0092756-...

Amazon.co.jp: プロレス雑誌大戦争!―『週刊ゴング』vs『週刊プロレス』激闘の30年史: 本: 竹内 宏介,ターザン山本

まだプロレスのイデオロギーだのロープの反動で何故返ってくる?コーナーポストからダウンしている相手に二ードロップをするなんて、3カウントした方が早いのに・・なんて事はチョイトは思っていましたが小生、中学?高校生時代は月刊の「プロレス」「ゴング」ってのは楽しみで!隅から隅まで読みました。楽しみでした。

何処で誰が誰に勝つなんて読んでました!

月刊の時代は今考えれば良き時代でした。

そのうち、「日刊では薄すぎ、月刊では遅すぎ」なんて驚愕(おそらく「ゴング」には)

のキャッチフレーズで「週間プロレス」が

ダントツのシェアを獲得、ターザン山本なんて訳の分からない輩が闊歩していた時代を向かえ・・あの頃が試合(??)雑誌も

ピークだったのですね、以後数々の暴露本が出版され・・・後は見ての通りでもうこの世界は滅亡するのでしょう。ども!楽しかったよ!・・でもやっぱりなと言うのが本音です。

◎質問者からの返答

なるほど〜。

ご紹介いただいた本もおもしろそうですね!

ちないにどなたか「ビッグレスラー」現役だった方いらっしゃるかしら…


3 ● impetigo
●20ポイント

http://members.aol.com/jimmysuzukiusa/page005.html

月刊プロレス

しかし・・・この内半分のレスラーが亡くなっているんですね。もう、昔の様な所謂プロレス人気は再興できないでしょう。WWE?あんな茶番を見る・・IQが疑われる。しかーし!!プライドやK?1等のガチンコ(??)も、飽きられて居るような閉塞感を持っているのは私だけではないでしょう。

2度目ですいません!

◎質問者からの返答

このサイト自体がおもしろうそうです〜

あとでゆっくり見ます!!

ていうかブロディがいっぱい見れて幸せです(超個人的意見)

関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ