人力検索はてな
モバイル版を表示しています。PC版はこちら
i-mobile

よく、栄養状態の良くない地域の子供の映像をみるとお腹が出ているのはなぜでしょう。

●質問者: chgr
●カテゴリ:学習・教育 医療・健康
✍キーワード:お腹 地域 子供 映像 栄養
○ 状態 :終了
└ 回答数 : 10/10件

▽最新の回答へ

1 ● jyouseki
●13ポイント

http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/lib/ronbun12.htm

クワルシオコールといわれている現象です。

http://64.233.161.104/search?ie=EUC-JP&lr=lang_ja&hl=ja&...

Google


2 ● 黒猫
●13ポイント

http://contest.thinkquest.jp/tqj2001/40584/01/mutri.html

?H??????????????b?m??>>?h?{??????????

ご質問のとおり、栄養失調なのでお腹がでているようです。


栄養失調の症状なんですね。


3 ● sky777
●13ポイント

http://members.jcom.home.ne.jp/take-n/%82Vkigajoutaidenaizousibo...

ERROR@NetHome

人間が飢餓状態になると肝臓で筋肉がアミノ酸に分解され、ブドウ糖に変えられます。なぜ筋肉が最初に変わるか?といいますと、脂肪は筋肉がなくなってから分解されるという特性があります。そして筋肉、内臓、脳とあった場合に一番重要なのは脳です。いくらたくましい筋肉、健康な内臓があってもそれを動かすための司令塔である脳が働かなければ、意味がないのです。(脳だけは必ず守るといった生命防御反応なのでしょう)筋肉、内臓と並べた場合どちらが重要化といいますと、体内の環境を一定に保つ内臓の方が重要視されます。それゆえに筋肉が最初に分解されます。筋肉がなくなると次に脂肪が分解されます。筋肉も脂肪もなくなるとどうなるか?というと次に臓器を分解し始めます。もちろん全て分解してしまうと死んでしまいますが、端の方から徐々に分解していきます。


人間の細胞はたんぱく質で出来ているので、それを筋肉と同様にアミノ酸→ブドウ糖へと、分解して脳へと栄養を送ります。内臓の大きさ自体はほとんど変わらないのですが、中身の細胞が減っていきます。細胞が減った分、脂肪が入っていき内臓脂肪が溜まります。食べなさすぎでも内臓脂肪は溜まるのです。普段あまり食べていないのに、下っ腹がポコンと出ている方はこういった理由があるのです。


栄養状態の良くない地域の子供たちのお腹が、出ている理由は、彼等の状態は内臓脂肪までも分解されて体の生理バランスが崩れた結果、腹水がお腹に溜まってしまうからだそうです。


4 ● otkzh
●13ポイント

http://www.geocities.jp/africa_tomonokai/kodomo_f/kodomosien.htm

低タンパク症とのことです。


5 ● aki73ix
●13ポイント

http://www.geocities.jp/africa_tomonokai/kodomo_f/eiyou_f/eiyou1...

http://www.ajinomoto.co.jp/ajinomoto/lib/ronbun20.htm

栄養失調による低タンパク症になると下腹部が出てくるそうです


生理学的には、肝臓が肥大したり、腹腔内に多量の漿液がたまることによって蛙腹といわれる状態になるからです

詳しくはこちらのサイトをご覧下さい


飢饉などの絵でもおなじような絵を見ることが多いですね


1-5件表示/10件
4.前の5件|次5件6.
関連質問


●質問をもっと探す●



0.人力検索はてなトップ
8.このページを友達に紹介
9.このページの先頭へ
対応機種一覧
お問い合わせ
ヘルプ/お知らせ
ログイン
無料ユーザー登録
はてなトップ